ハリウッド直送便

ハリウッドセレブの私物オークション驚きの中身とは

ハリウッドセレブの私物は、本人が望むと望まざるとにかかわらず、時として高値が付くお宝になることがあります。チャリティーの一環として衣装や小道具などを競売にかけることがある他、様々な理由から自らの意思で私物を売却するセレブもいます。また、自ら意図しないところでプライベートの思い出の品が売られてしまうのもハリウッドセレブならではの悩みでしょう。このほど、マドンナが元恋人からのラブレターなどの私物22点の競売への出品差し止めを求めていた控訴審で敗訴したというニュースがありましたが、オークションで売りに出されたセレブたちのあっと驚く私物の中身やその内容を紹介します。

マドンナ(16年2月15日撮影)
マドンナ(16年2月15日撮影)

●マドンナの使用済み下着

元恋人のラップ歌手2パックが刑務所の中からマドンナに宛てたラブレターや使用済みシルクの下着、へアブラシなどが競売にかけられそうになり、差し止めを求めていたマドンナ。裁判で敗訴しましたが、これらの私物はかつて一緒に働いていた元友人が所有しているもので、裁判所はすでに時効が成立していることや所有権に関して和解が成立していることなどを理由に請求を棄却しました。これによって、ファンはマドンナのお宝をゲットできる日が来るかもしれません。

●ジョン・レノンの歯

ビートルズゆかりの品は高い値段で取引されることで知られていますが、2011年に競売にかけられたのはジョン・レノンの歯。60年代後半にレノンが虫歯の治療で抜いたもので、家政婦がビートルズファンの娘のために譲り受けたものでした。それが半世紀の時を経て競売にかけられ、カナダ人の歯科医が3万1200ドルで落札しました。

●ブリトニー・スピアーズの噛んだガム

ブリトニー・スピアーズが噛んだチューインガムが、ネットオークションサイトeBayに出品されることが度々あります。これらの多くは、滞在先のホテルやコンサート会場の楽屋で入手したなどの説明が入っているものの、実際に本物かどうかは不明。しかし、それでも欲しい人はいるようで、数十ドル程度で売買されていると言います。

●スカーレット・ヨハンソンの使用済みティッシュ

「アベンジャーズ」シリーズで活躍中のスカーレット・ヨハンソンが、トーク番組の収録中に鼻をかんだティッシュがオークションにかけられ、5300ドルで落札されました。映画で共演したサミュエル・L・ジャクソンに風邪をうつされたことを番組内で明かした際に、「セレブな風邪だから価値があるのでオークションに出そうと思って」と冗談めかしに言ったところ、司会者からすかさずティッシュが差し出され、「チャリティーのために」と鼻をかんだ口紅とサイン付きのティッシュが本当に競売にかけられたのです。

●マイケル・ジャクソンが最期を迎えたベッド

2009年に急死したマイケル・ジャクソンが、ビバリーヒルズの自宅で死亡時に横になっていたベッドが、11年に競売にかけられました。この自宅に残されたいたその他の遺品も同時に出品され、中には子供たちが書いたとみられるメッセージが残った台所の黒板などもあったとのこと。また、かつて住んでいた自宅兼遊戯施設ネバーランドの門やそこで使っていた家具などが競売にかけられたこともあります。

●ウィリアム・シャトナーの腎臓結石

大ヒットドラマ「スター・トレック」シリーズのカーク船長役で知られるウィリアム・シャトナーが、06年に自身の腎臓結石を競売にかけて話題に。ホームレス支援などを行う慈善団体に寄付する目的で売却したもので、自らの希望落札価格よりも低い値段で落札されたため、売却を拒否。最終的に2万5000ドルで売却したと言われています。

●ラッセル・クロウの離婚のアート競売展

ラッセル・クロウは昨年、03年に結婚したダニエル・スペンサーとの離婚に際し、慰謝料を支払うために数々の私物をオークションにかけ、思い出の品を一掃処分しました。自ら「アート・オブ・ディボース(離婚のアート)」と名付けたオークションには、愛用のエレキギターから映画「グラディエーター」(00年)で使われた小道具やかつてレオナルド・ディカプリオが所有していた恐竜の頭蓋骨の化石など200点以上が出品され、会場には自らも出向いてアピールするサービスも。

●ミック・ジャガーのラブレター

ザ・ローリング・ストーンズのミック・ジャガーが、25歳だった1969年に当時の恋人だった女性歌手に宛てたラブレターが競売にかけられ、予想を上回る18万7250ポンドの値がついたと言われています。

●ジャスティン・ビーバーの使用済みグラス

ジャスティン・ビーバーが英国で食事をしたパブで使用したグラスが、そのままの状態でeBayに出品されて話題に。従業員がミルクを飲んだ後のグラスを洗わずに持ち帰って出品したものでしたが、ビーバーは11年に自らの意思で髪の毛をオークションにかけたこともあります。トーク番組に出演した際に「チャリティー・オークション」に出品して欲しいとガラスケースに入った髪の毛の束を手にし、最終的に4万668ドルで落札されたと言われています。

【千歳香奈子】(ニッカンスポーツ・コム/芸能コラム「ハリウッド直送便」)

◆千歳香奈子(ちとせ・かなこ) 1972年札幌生まれ。92年に渡米。96年に日刊スポーツ新聞社アトランタ支局でアトランタ五輪取材をアシスタント。99年6月からロサンゼルスを拠点にハリウッドスターのインタビューや映画情報を取材中。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング