宝塚 ~ 朗らかに

新人公演初主演、102期生で一番乗り/彩海せら

新人公演は4年目のホープ彩海(あやみ)せらが初主演する。宝塚が6月18日、東京は8月8日。

新人公演に初主演する彩海せら(撮影・渦原淳)
新人公演に初主演する彩海せら(撮影・渦原淳)

今春4年目に入ったばかり。新人公演初主演の彩海せらは、102期生で主演一番乗り。「とっても驚きました」。1年目から新人公演で役がつき順調にステップアップ。だが「毎回、必死だったので、急にポンと(主演が)きちゃったような感じ」と照れる。

元雪組トップ音月桂主演の「JIN-仁-」をDVDで鑑賞して以来、日本物にもあこがれていた。

「地元のミュージカル・スクールに通っていて、そこの先生がぜひ-ということで、見に行き、こんな世界があったんだ! と。ただただ、感動し、DVDでも見るように…」

女優、アイドルも輩出したスクールの主宰はOG。小学1年で加入。定期公演があり、バレエ発表の場も。中学2年時に宝塚を目指し本格レッスンを始めた。

「声楽はもともとやっていて、バレエは受験を決めてから始めました。歌と芝居が好きで、ダンスを一番、頑張りたいです」。柔らかでフェアリー系ルックスの男役。「笑顔と歌声が好き」という、あこがれの音月をほうふつとさせる。

「最初は『男役をする』ことに食らいついて。やっと、男役を楽しいと思えるように。まだ(方向性は)固まっていないけれど、公演のたびにいただく、いろいろな役にも助けられながら、探していけたら」

同期の首席入団だった舞空瞳が、次期星組トップ娘役に決まった。「うれしい。舞空は、いつも先頭に立ち引っ張ってくれた。もうすぐ、私も『下級生だから』と言ってはいられなくなるんだな」。とはいえ、男役の4年目はまだまだ駆け出し。相手娘役が上級生であることも多く、今回のヒロイン彩みちるも先輩だ。

「お芝居をする上では学年関係なく、男役として1歩先に出て見えるように」。弟キャラのイメージも残るが、頼もしさも増した。髪の毛を「人生で一番短く」し、私服も変化してきた。健康面では、のどのケアのため、ハーブティーを常飲し、加湿を意識するなど留意。心身ともに、ステップアップしている。

☆彩海せら(あやみ・せら)12月2日、鹿児島市生まれ。16年入団。雪組配属。同年秋「私立探偵ケイレブ・ハント」新人公演でいきなり役付き。昨春の全国ツアーも出演。前作「ファントム」は、本公演で主人公エリックの子供時代に抜てき。同作の新人公演では、フィリップ伯爵役。身長169センチ。愛称「あみ」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング