田中道子「パンツ下ろして」西田敏行アドリブに困惑

  • TL

 13年のミス・ワールド日本代表で、昨年3月にモデルから女優へ転身した田中道子(27)が、俳優の西田敏行から受けたアドリブの“洗礼”について語った。

 田中は23日深夜放送のフジテレビ系「志村の夜」にゲスト出演。初めてのドラマ出演した当時のエピソードを語った。

 初めての撮影前には寝つけない夜が2週間ほど続くなど緊張して臨んだという。しかも西田や泉ピン子といった大御所とのシーンもあり、「最初っから西田さんのアドリブがすごくて」と、アドリブを連発することで有名な西田の洗礼を受けたと振り返った。

 同ドラマでは西田演じる病院長の秘書役を演じた田中。病院長の世話をするシーンで「ネクタイ緩めて」「ベルトも緩めて」とアドリブが始まり、さらに「『パンツ下ろして』って言われたんですよ」とエスカレート。ベルトまでは対応できたものの、さすがにパンツには困惑し「どうしていいのわからなくて、下ろせなかったんですよ」と明かし、「今でも何が正解だったのかわからない。どうしたら良かったんだろう」とつぶやいた。

  • TL

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング

  1. 羽賀容疑者の詐欺被害者怒り「アイツは希代のワル」
  2. 「奥田瑛二が若い女優を妊娠させて沖縄に潜伏」って
  3. 指原莉乃が張り紙張るほど楽屋のトイレの汚さに激怒
  4. HKT村重杏奈2畳半の家賃支払いを指原にお願い?
  5. 漆黒ヘアの60歳マドンナ、3年ぶり世界ツアー企画