B・レイノルズさん家族も予期せず 心不全で急死

  • FacebookMessenger
  • TL

米俳優バート・レイノルズさんが米国時間の6日、心不全によりフロリダ州の病院で急死したことがわかった。82歳だった。

ニューヨーク・ポスト紙などによると、レイノルズさんの姪ナンシー・リー・ヘスさんが声明を発表し、「私の叔父は映画界のシンボルであっただけでなく、家族や友人、ファンに尽くした、寛容で、情熱的で、繊細な男でした」と語った。

さらに、「叔父は健康の問題を抱えていましたが、完全に予想外の死でした。彼は本当にタフな男でした。次はクエンティン・タランティーノ監督と一緒に仕事をするのを楽しみにしていました」としており、家族さえ予期し得ない突然の死だったことを明かした。

レイノルズさんは長年にわたり深刻な健康問題を抱えており、2010年には心臓バイパス手術を行った。手術後は元気な様子で、「199歳まで生きたい」と宣言していた。

1961年に映画界にデビューし、セックスシンボルとも呼ばれたレイノルズさんは、1974年の映画「ロンゲスト・ヤード」でゴールデン・グローブ賞を受賞し、1997年の「ブギーナイツ」でアカデミー助演男優賞を受賞した。1978年から1982年までは毎年、ハリウッドで最も興行収益をあげる主演俳優となっていた。

現在、撮影中のタランティーノ作品「ワンス・アポン・ア・タイム・ハリウッド」(2019年公開予定)に出演予定だったが、撮影には参加していなかったという。(ニューヨーク=鹿目直子)

  • FacebookMessenger
  • TL