長濱ねるが地元長崎発地域ドラマ出演「本当に光栄」

  • FacebookMessenger
  • TL

欅坂46の長濱ねる(20)が、NHKの長崎発地域ドラマ「かんざらしに恋して」(NHKBSプレミアムで来年2月6日午後9時放送予定)に出演することが11日、明らかになった。NHKのドラマ出演は初。地元長崎のドラマ出演が決まり、「このたび、長崎県を舞台にしたドラマに出演させていただくことができ、本当に光栄で心からうれしいです」と喜んだ。

同作は長崎・島原市が舞台。貫地谷しほり演じる桐畑瑞樹が、不思議なお菓子「かんざらし」の名店「銀流」を復活させるために市に雇われ、右往左往しながらもリニューアルオープンを目指して奮闘する物語。長濱は「銀流」のアルバイトで腹黒い性格の保科舞香を演じる。「島原市は幼い頃から何度も足を運んでいたなじみのある場所であり、また長崎にゆかりのある方々が出演されると聞き、とてもワクワクしています」とコメントし、「演技経験が浅く、不安もありますが、大好きな長崎のお話を精いっぱい楽しく演じきりたいです」と意気込んだ。

長濱は長崎県長崎市出身。幼少期を過ごした地元五島列島で撮影したファースト写真集「ここから」は、現在累計発行部数が19万部を突破している。今年2月には長崎市観光大使にも就任した。

  • FacebookMessenger
  • TL