木村拓哉1・8に初アルバム B’z稲葉ら楽曲提供

木村拓哉(46)の初ソロアルバム「Go with the Flow」が、来年1月8日にリリースされることが29日、分かった。

B’z稲葉浩志(55)槙原敬之(50)ら豪華8アーティストから楽曲提供を受ける。初のソロライブ開催も検討しているという。

木村がパーソナリティーを務めるTOKYO FM「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」(日曜午前11時半)にゲスト出演したアーティストたちからの後押しや、リスナーからの声もあり、音楽プロジェクトが始動したという。木村は「皆さんから『音楽活動をやってよ』というメッセージをたくさんいただきまして。スイッチ入りました」とコメントしている。

公私ともに親しい稲葉をはじめ、槙原、LOVE PSYCHEDELICO、[ALEXANDROS]川上洋平(37)森山直太朗(43)いきものがかり水野良樹(36)小山田圭吾(50)Uruが楽曲提供。稲葉が作詞を手がけた「One and Only」など、既にタイトルが決まっている曲や、レコーディングやミュージックビデオ撮影を終えた曲もある。

木村は「久々のレコーディングでは、最近使ってなかった歌筋もたくさん使いました。今回はライブという『騒げる場所』も本気で考えていますので、楽しみに待っていてもらえたらうれしいです」とソロライブ開催も示唆した。実現すれば、SMAPとして出演した16年3月のNHK「明日へコンサート」以来のライブステージとなる。

▽稲葉浩志「私が見て話して遊んで感じて自然に浮かび上がった『生身の木村拓哉像』を歌詞にさせていただきました。文字通り『One and Only』です」

▽槙原敬之「『バースデイソング』を作ってほしいというお題を頂き、この曲を作りました。皆さんも気に入ってくださるとうれしいです」

▽LOVE PSYCHEDELICO「アーティスト木村拓哉の新しい門出を一緒に迎えることが出来て光栄に思います。すてきな歌声を次はライブでたくさんの人たちに届けてください」

▽[ALEXANDROS]川上洋平「ある意味でラブレター、ある意味で友情。木村さんの声が吹き込まれ、さまざまな人に届いたら幸いです」

▽森山直太朗「誰もが過ごすであろう、たった1人自分と向き合うそのつかの間を、木村さんになぞらえて作ってみました」

▽いきものがかり水野良樹「この攻撃的な楽曲が、木村拓哉さんのポジティブなパワーとともに、世に強く放たれていくことを祈っています」

▽小山田圭吾「木村さんのアイデアで、木村さんがサーフボードのワックスを塗る音を使って曲を作りました。木村さんの奏でるワックスサウンド、ぜひお楽しみに」

▽Uru「私の作った曲に木村さんの声が入った音源を聴いた時は、優しさとりりしさが感じられる歌声に感動しました」

その他の写真

  • 木村拓哉のソロアルバムに楽曲を提供する稲葉浩志
  • 木村拓哉のソロアルバムに楽曲を提供する槙原敬之