DV被害主張の元妻がJ・デップの精神鑑定求める

ジョニー・デップの元妻アンバー・ハードが、デップの精神鑑定を裁判所に正式に求めたことがわかった。

ハードは2016年、デップとの15カ月間の結婚生活の末、DVを理由に離婚申請。しかし、離婚成立後も双方の間で泥沼の争いが続いている。

デップはハードに対する暴力や虐待を否定しており、「彼女はキャリアPRのため、DV被害を捏造(ねつぞう)している」と主張。名誉毀損(きそん)で5000万ドル(約54億円)の損害賠償を求める訴訟を起こした。

一方、ハード側はこれに対し、デップは麻薬や酒の勢いで暴力を振るうことが多く、暴力や虐待行為について覚えてないと主張している。

米ニュースサイト「The Blast」が今回、入手した法廷書類によると、ハードは、「私たちの関係の中で、ジョニーの偏執、妄想、暴力が増加した。私は、彼が麻薬や酒に依存し続けていたことを知っています」と主張しているという。

デップの弁護士は、「ハードさんが主張する過去のDVについて、現在のデップ氏の精神鑑定をしても意味がない」とコメントしたという。(ニューヨーク=鹿目直子)