フジ久代アナ、松本人志に「干されればいいのに!」

ユーチューバーとの熱愛を報じられた、フジテレビ久代萌美アナウンサー(30)が17日、同局系「ワイドナショー」(日曜午前10時)でダウンタウン松本人志(56)に再び「干されればいいのに」と言い放った。

久代アナは、6歳年下のユーチューバー「はるくん」との半同棲(どうせい)状態を報じられていた。司会の東野幸治(52)が「おめでとうございます」と祝福。松本から「調子に乗っちゃって」といじられると、東野が反撃を託したが沈黙。出会いのきっかけについて「フットサル」と明かした。

松本が「うそつけ、コンパやがな!」といじると、久代アナは「干されればいいのに!」。松本は「やっと言ってくれた」と笑った。今年8月に松本から「コンパばかりしている」といじられた際に、「干されればいいのに!」と言って、ネット上で「身の程知らず」などと炎上していた。

ゲストの石原良純(57)が相手の年収について尋ねると、久代アナは「月収なら(知っている)」と答え、スタジオをざわつかせた。そして「年下なので、(食事の時などの)支払いの時に出そうかとかあるので」と話した。