橋本環奈、20歳初作品に「不安よりも楽しかった」

  • 映画「シグナル100」初日舞台あいさつに出席した、左から瀬戸利樹、橋本環奈、小関裕太
  • 映画「シグナル100」初日舞台あいさつに出席した、左から山田愛奈、福山翔大、中尾暢樹、甲斐翔真、瀬戸利樹、橋本環奈、小関裕太、恒松祐里、中田圭祐、若月佑美、竹葉リサ監督

女優橋本環奈(20)が24日、都内で、主演映画「シグナル100」(竹葉リサ監督)の初日舞台あいさつに出席した。

同作は漫画家宮月新氏による同名漫画の映画化。担任教師によって自殺催眠をかけられた36人の生徒たちが、学内で繰り広げる生き残りをかけた狂気と絶望のデスゲームを描く。橋本はバドミントン部の樫村怜奈を演じる。

同年代の実力派キャストが集まる同作を「この舞台あいさつ前もいい雰囲気でしたが、撮影中もいい雰囲気でした」と明かし、撮影の合間には女性キャスト陣で動画も撮っていたという。

同作がブリュッセル国際ファンタスティック映画祭に招待され、「すごくうれしいです」と素直に喜んだ。海外ではJホラーが人気だが、「日本映画の良さが詰まっている。グロいシーンとかのドキドキワクワクが、海外の方により楽しんでいただけると思う」と話した。

同作について「20歳になって初作品がこれだったので、不安よりも楽しかった。自分の中で挑戦的な作品でした」と話した。

この日、小関裕太、瀬戸利樹、甲斐翔真、中尾暢樹、福山翔大、中田圭祐、山田愛奈、若月佑美、恒松祐里、竹葉リサ監督も登壇した。