ジュノ監督「偏見加わると恐ろしい」新型肺炎に言及

  • 記念品を贈られたソン・ガンホ(左)とポン・ジュノ監督(撮影・中島郁夫)

第92回アカデミー賞で外国語映画として史上初の作品賞を受賞した韓国の「パラサイト 半地下の家族」のポン・ジュノ監督(50)、主演のソン・ガンホ(53)が23日、東京・内幸町の日本記者クラブで来日会見を行った。

   ◇   ◇   ◇

同監督とソン・ガンホがタッグを組んだ「グエムル-漢江の怪物-」(06年)では、ウイルス被害を恐れ、社会がパニックに陥る様子が描かれた。

新型コロナウイルス被害が拡大する現在の状況について、同監督は「映画では結局、ウイルスはなかったと明かされます。ウイルスの恐怖以上に、人間の心理がつくる恐怖や不安の方が大きい。不安に巻き込まれると災害を克服するのが難しくなります。実際にウイルスがある今と、映画とは違う状況ですが、あまりに恐怖、不安を持ったり、偏見が加わると、より恐ろしいことが起こる。もうじき乗り越えられるのでは、と希望的にとらえています」と話した。

◆「パラサイト-」 家族全員が失業中の一家と、IT企業経営の裕福な社長一家が出会う物語。格差社会など、現代が抱える問題を描きながら、エンターテインメント性高く仕上げた。カンヌ映画祭最高賞パルムドール、全米俳優組合賞の最高賞アンサンブルキャスト賞受賞など。日本では1月10日に公開され、22日までに観客動員220万人を超え、興収は30億円を突破。日本での韓国映画の歴代興収1位を15年ぶりに塗り替えた。これまでの1位は「私の頭の中の消しゴム」。