佐藤浩市、震災を次世代へ「そういう時代になって」

佐藤浩市(59)丸山桂里奈(36)が23日、都内で映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」(若松節朗監督、3月6日公開)の黒板アートイベントに出席した。

東日本大震災発生時、決死の覚悟で福島第一原子力発電所に残り続けた50人の作業員の物語。この日福島・会津学鳳高校美術部による黒板アートが披露された。

黒板にはダブル主演の渡辺謙と佐藤の顔、富岡町の桜がチョークで描かれており、佐藤は「チョークだっていうことが信じられないような色味の使い方。油絵みたい」と色づかいを絶賛。丸山は黒板に描かれた佐藤の顔をながめ「どっちが佐藤浩市さんかなって思うくらい。ここまで似てると驚いちゃう」と大まじめに話すと、佐藤から「そういう問題じゃない!」と突っ込まれ苦笑いを浮かべた。

丸山は「東京電力マリーゼ」時代、福島第一原発に勤務。事故対応にあたった吉田昌郎所長は上司だった。思い出について聞かれると「吉田さんによくお茶をいれてました。おいしいねって言っていただきました」としみじみ。また映画の感想を求められると、冒頭から涙が止まらなかったと明かし「ほとんど目が開かないまま終わってしまいました」。再び佐藤から「見てねえじゃねえか」と指摘されていた。

佐藤はかねて舞台あいさつで「負の遺産で終わらせないで、次の世代にバトンを渡したい」と話しており、この日も学生たちを前に「語り部として子どもができたら語ってあげて。そういう時代になって欲しい」と伝えていた。