藤丸と一緒に来た久志の話に…/2日エールあらすじ

NHK連続テレビ小説「エール」(月~土曜午前8時)で主人公の裕一(窪田正孝)をはじめ、登場人物たちがみな、先の大戦から立ち直ろうとしています。裕一はラジオドラマ「鐘の鳴る丘」や映画「長崎の鐘」の音楽をつくり、そして「栄冠は君に輝く」も世に送り出しました。いずれも、今でも歌われている曲です。裕一を献身的に支えてきた音(二階堂ふみ)も、自ら選んできた音楽への道を歩もうとしますが、さまざまな葛藤にさいなまれます。次回のあらすじを紹介します。

 

裕一から「受けてみたら?」と背中を押されて受けることにした「ラ・ボエーム」のオーディションに向けて、音(二階堂ふみ)はベルトーマス(広岡由里子)とのレッスンや自宅での自主トレーニングで一生懸命練習を重ねる。そのかいもあって、音は一次審査を無事通過する。バンブーでのお祝いの会に、みんなに話があると藤丸(井上希美)と一緒にやってきた久志(山崎育三郎)たちの話に一同はびっくりする。