大迫全治4~6週間 10月アジア予選は招集できず

ブレーメンは19日、練習中に太ももを負傷した日本代表FW大迫勇也(29)が全治4~6週間と診断されたと、クラブ公式ツイッターなどで発表した。

18日の練習で負傷し、クラブは公式サイトで「重度の太もものけがを負った」と発表していた。これで10月の日本のワールドカップ・アジア2次予選2試合は、絶対的なエースFWを招集できない見込みとなった。