森保監督「厳しい戦い覚悟で臨む」14日キルギス戦

14日に22年W杯カタール大会アジア2次予選でキルギス代表と対戦する日本代表の森保一監督(51)が13日、前日会見を行った。

F組の日本はここまで3戦全勝の無失点で、2勝1敗で2位につけるキルギス戦が今年最後のW杯予選となる。

会見の冒頭、森保監督は「明日のキルギス戦も完全アウェーの中、非常に厳しい戦いになることを覚悟して臨まなければいけない。今回のキルギス戦に向けて与えられた時間の中で、選手個々のコンディション、チームとしてのコンディションを少しでもベストなものにして試合に臨みたい」と語った。

その他の写真

  • 通訳をお願いする森保監督(左)(撮影・横山健太)