nikkansport.com @ mobile

サッカー

  1. J1
  2. 日本代表
  3. 海外サッカー
  4. J2ほか

J2第33節日程と見どころ 出場停止&負傷者情報

  • FacebookMessenger
  • TL

<明治安田生命J2>◇第34節◇9月22、23日

【9月22日(土)】

町 田-徳 島(16:00=町田)

京 都-栃 木(17:00=西京極)

甲 府-岡 山(18:30=中銀スタ)

山 口-大 分(19:00=みらスタ)

愛 媛-福 岡(19:00=ニンスタ)


【9月23日(日)】

水 戸-新 潟(14:00=Ksスタ)

松 本-熊 本(14:00=松本)

岐 阜-東京V(14:00=長良川)

讃 岐-大 宮(14:00=ピカスタ)

千 葉-横浜FC(15:00=フクアリ)


前節は松本山雅FCが、ホームで1分け1敗と未勝利のレノファ山口FCに0-0で引き分け、勝ち点を61に伸ばすにとどまったが、台風12号の影響で1試合消化の少ない首位のFC町田ゼルビアが大宮アルディージャに敗れたため、松本が町田を勝ち点1差でかわして首位に再浮上した。


また大分トリニータが最下位のカマタマーレ讃岐に5-0と大勝し5位から3位に浮上した一方で、ロアッソ熊本と引き分けた東京ヴェルディは4位のまま、水戸ホーリーホックに敗れた横浜FCは大分と入れ替わる形で3位から5位に転落した。7位からJ1昇格プレーオフ圏内の6位に順位を上げた大宮と、1試合消化が少ない中、ジェフユナイテッド千葉と引き分け7位に転落したアビスパ福岡が勝ち点54で並び、両チームと勝ち点1差の8位徳島ヴォルティスから松本まで、勝ち点8の中に8チームがひしめく大混戦となった。


今節、上位争いで注目したいのは、町田が徳島をホームで迎え撃つ1戦だ。町田はここ2戦で1分け1敗と元気がないが、徳島とのホーム戦は得意としており、0-1で負けた17年4月22日の試合以外、負けていない。


ただ、徳島はスペイン人FWバラルが3戦連発の4ゴール、サンフレッチェ広島時代の16年にJ1得点王に輝いたFWピーター・ウタカも3戦で2発と、夏に加入した新助っ人2人の大活躍で4連勝と絶好調。町田としては、今季の躍進を支える前線からの激しく連動したプレスで、徳島の強力助っ人2人へのボールの供給を封じたいところだ。


両チームは15日の前節、互いにロスタイムで試合が決着した。町田が後半ロスタイム3分にCKから失点して大宮に敗れた一方、徳島は後半ロスタイム4分に、J1湘南ベルマーレから移籍したFW表原玄太が劇的な決勝弾を決め、FC岐阜に勝った。前節、明暗が分かれた両チームの対戦の行方は?


一方の残留争いも、最下位讃岐と21位熊本との勝ち点差は1、熊本と20位の京都サンガとの勝ち点差も1と、勝ち点2の中で下位3チームがせめぎ合っている。讃岐は過去4戦し2分け2敗と未勝利の大宮とホームで、熊本はPK負けした6月の天皇杯2回戦を含め今季2連敗、リーグ戦でも17年から2連敗の松本とアウェーで、京都は通算成績で3勝3分け5敗、ホームでも1勝2分け2敗と分の悪い15位栃木SCとホームで、それぞれ対戦する。3チームとも難敵との対戦となるが、勝ち点を落とせないところだ。


◆J2第34節の出場停止選手

●徳島DF石井秀典


◆J2主な負傷者情報

【9月20日】

●新潟MF伊藤優汰=左ハムストリングス肉離れ 。全治6週間

【9月16日】

●讃岐MF高木和正=右ハムストリング肉離れ。全治約3~4週間

【9月13日】

●横浜FC・DF田所諒=左膝前十字靭帯損傷。全治8カ月

【9月9日】

●京都MF上月壮一郎=左第二・第三腰椎横突起骨折

【9月9日】

●徳島DF広瀬陸斗=右ハムストリングス肉離れ。全治8週間

【9月7日】

●山口MF池上丈二=右距骨骨軟骨損傷。全治3カ月

【9月6日】

●水戸DF永坂勇人=右第2中足骨底骨折、右リスフラン靭帯損傷。約5カ月

【9月4日】

●松本FW前田大然=右前脛腓靭帯および右前距腓靭帯損傷。約5〜6週間

【9月2日】

●岡山DF後藤圭太=右膝関節遊離骨片除去手術。全治6〜8週間

【9月2日】

●町田DF下坂晃城=左大腿二頭筋肉離れ。全治6週間

【8月27日】

●町田MF井上裕大=右足関節捻挫。全治約6週間

【8月24日】

●金沢MF宮崎幾笑=左第2中足骨の疲労骨折。全治4週間

【8月23日】

●新潟MF加藤大=左第二中手骨骨折。全治約6週間

【8月18日】

●栃木MF和田達也=左膝前十字靭帯断裂。全治8カ月

【8月15日】

●横浜FC・MF中里崇宏=左足関節内果骨折。全治約3カ月

●横浜FC・FW立花歩夢=左足関節舟状骨骨折。全治約6カ月

【8月13日】

●甲府FW森晃太=右鎖骨骨折。全治約6週間

【8月10日】

●徳島GK長谷川徹=右足手術。全治5週間

【7月23日】

●山形DF加賀健一=右膝前十字靭帯断裂。全治6カ月

【7月18日】

●松本MFパウリーニョ=右長内転筋筋断裂。全治3カ月

【7月16日】

●大分DF刀根亮輔=右膝前十字靭帯損傷。全治8カ月

【7月9日】

●山口GK山田元気=右膝内側側副靭帯損傷。全治8週間

【6月27日】

●徳島MF杉本太郎=右ハムストリングス腱損傷。全治6〜8週間

【6月21日】

●甲府MF新井涼平=左脛骨疲労骨折。全治3カ月

【6月19日】

●京都MFマティアス・カセラス=右膝内側側副靭帯損傷

【6月5日】

●徳島FWナタン・ジュニオール=右膝関節骨軟骨損傷。全治3カ月

【5月29日】

●大宮DF菊地光将=左足腓骨骨折。全治3カ月

【5月17日】

●徳島GK長谷川徹=右足関節内外側靱帯損傷。全治4〜6週間

【5月11日】

●栃木DF坂田良太=右膝前十字靭帯再断裂。全治6〜8カ月

【5月8日】

●徳島FW呉屋大翔=右足関節前方インピンジメント症候群。全治3カ月

●徳島MF井沢春輝=右膝内側側副靭帯損傷、外側半月板損傷。全治4カ月

【4月26日】

●大分DF山口真司=右膝外側側副靭帯損傷。全治8週間

【4月24日】

●大宮MF金沢慎=右下腿部肉離れ。全治約6週間

●大宮GK加藤有輝=右肩関節脱臼。全治約5カ月

【4月10日】

●熊本DFイム・ジンウ=右膝内側側副靭帯損傷。全治8週間

【3月7日】

●MF本田功輝=左膝前十字靭帯損傷。全治8カ月

【3月2日】

●讃岐FW福家勇輝=右膝前十字靭帯損傷。全治6カ月

【2月27日】

栃木MF寺田紳一=左アキレス腱断裂。全治5か月

【2月18日】

●山形DFジャイロ・ロドリゲス=右股関節前方脱臼。全治約6カ月

【2月16日】

●栃木DFメンデス=左膝前十字靭帯断裂。全治8か月

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

サッカーニュースランキング

  1. 日本が先制許すも5発大勝発進 U16アジア選手権
  2. ベルギー、フランスが1位並ぶ 日本は54位浮上
  3. 広島対東京、柏対鳥栖は正念場/J1見どころ
  4. 40歳元浦和エメルソンが今季で引退 04年得点王
  5. 横浜セットプレーでの守備修正 DF山中「結果を」
更新