G大阪復帰の宇佐美「感謝しか」最短出場は7・20

元日本代表のMF宇佐美貴史(27)が25日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で会見を行い、ガンバ大阪への移籍理由を語った。

会見前、練習に合流し汗を流した宇佐美は「久しぶりだった。楽しかった」と古巣復帰を喜んだ。宇佐美は同クラブの下部組織出身で、11年からと16年からの2回ドイツに挑戦している。18ー19年シーズンはドイツ1部・デュッセルドルフでプレーするも、シーズン後半は出場機会が少なかった。「もう少し(自分の)価値を上げて帰ってきたかった」と悔しさをにじませたが、「必要としてくれている人がたくさんいる。感謝しかない。感謝を結果で返し、強いガンバを見せたい」と決意を語った。

早ければ選手登録後の7月20日の名古屋グランパス戦(豊田ス)に出場する。宇佐美の復帰で下位に低迷するG大阪が現状を打開できるか、注目が集まる。

その他の写真

  • 復帰会見を終えユニホームを披露するG大阪の宇佐美(撮影・渦原淳)
  • 会見を終え山内社長とユニホームを披露する宇佐美(左)(撮影・渦原淳