G大阪ホームでJ1残留決める 宇佐美が3戦連発

<明治安田生命J1:G大阪2-0仙台>◇第32節◇23日◇パナスタ

ガンバ大阪がベガルタ仙台に勝利し、ホームでJ1残留を決めた。

両者スコアレスで折り返した後半12分、敵陣深くからのクロスをFWアデミウソン(25)がスライディングぎみに合わせたが、ゴールの枠を外し得点には至らず。

だが同24分、FW宇佐美貴史(27)がセンターライン付近からボールを持つと約50メートルをドリブルで駆け上がり、相手DFを振り切って先制ゴール。3戦連続のゴールは、残留を決定づける価値あるものとなった。同32分にも宇佐美の相手DFの頭上を越す絶妙のアシストから、FWアデミウソンがループシュートで追加点を挙げた。

19日の日本代表国際親善試合ベネズエラ戦に途中出場したMF井手口陽介(23)も先発出場し、2点目の起点になるなど勝利に貢献。G大阪にとっては、最高の勝利だった。

その他の写真

  • G大阪対仙台 後半、G大阪FW宇佐美貴史は先制ゴールを決める(撮影・宮崎幸一)