香川真司ら所属UDNの新ブランド16日スタート

サラゴサMF香川真司、セレッソ大阪MF清武弘嗣ら、マネジメント会社UDN SPORTSに所属するアスリートが参画する新ブランド「SHIFTH(シフス)」が16日にスタートする。13日、同社が公式SNSで明らかにした。

ただし、概要は明らかにされておらず、ベールに包まれている。公開されたのは31秒の動画だけ。「はじまる」のテロップとともにボローニャ冨安健洋、デポルティボ柴崎岳、ヴィッセル神戸MF山口蛍、そして香川と清武が登場し、以下のキーワードだけ示されている。

「A NEW BRAND BY ATHLETES」

「Shift with Athletes」

「SHIFTH」

マスク20万枚の早期配布など、新型コロナウイルス禍で全国の児童や医療従事者、社会への貢献活動「#つなぐ」プロジェクトを展開してきた同社。新たな挑戦のヒントをメッセージに込めた。

「新型コロナウイルス、各地での水害、まだ完全にスポーツを心から楽しめる状態ではないかもしれません。それでも、アスリートと共に日本をより良く、豊かで、誰もがスポーツを楽しめる社会にしたい!! そんな想いを持って新しいブランドを立ち上げます」

16日、香川らトップアスリート集団が、また何かを始める。