不祥事続きJ、G大阪に求められる「厳然たる対処」

サッカーJ1のガンバ大阪(G大阪)は26日、ブラジル人FWアデミウソン(26)が、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪府警の任意捜査を受けたと発表した。アデミウソンは25日午前、大阪府茨木市の近畿自動車道内で接触事故。その後、基準値を超えるアルコールが検出された。クラブは同日夕、大阪府吹田市内で小野忠史社長と松波正信強化部長が会見し、謝罪。25日に謹慎処分を下し、捜査終了後にあらためて処分を決める。

   ◇   ◇   ◇

事故は25日午前8時35分ごろ、近畿自動車道内で発生。アデミウソンが自動車を運転し追い越し車線を走行中、左前側ボディーと、走行車線の自動車と接触した。だが、本人は接触とは認識せずクラブハウスへ。練習後の同11時30分ごろ、大阪府警察本部交通部、高速道路交通警察隊から任意同行を求められ事情聴取を受け、基準値を超えるアルコールが検出された。

相手運転手、アデミウソンともけがはなかった。

アデミウソンは24日の柏レイソル戦に途中出場し、後半終了間際に決勝ゴールを決めていた。クラブによると、アデミウソンはその夜から25日朝まで大阪市内の繁華街で飲酒しながら食事。練習中は普段と変わった様子はなかったという。当面、アデミウソンを謹慎処分とし、捜査終了後に処分を決定するとした。

Jリーグでは、J2新潟で外国人選手2人が酒気帯び運転で契約を解除されたばかりとあってか、G大阪は26日夕、吹田市内で緊急会見。小野社長、松波強化部長が出席した。

ただ、その内容は小野社長が「捜査が終わってから」と繰り返すのみ。クラブとしての取り組みをアピールするも、今後の具体的なビジョンを示すことはなかった。小野社長は「本人はかなり反省している。プロのアスリートとしてあってはならない」としたが、他選手への影響は必至で、厳然たる対処が求められる。

またこの日、東大阪市内で、JFL・FC大阪のヒアリングを行った村井満チェアマンは「ありえない、許されない」「プロアスリートがそんな心構えで…。信じられない」などと語った。相次ぐ不祥事に「皆さまの期待を裏切る行為が続いている。地域の皆さまに支えられるJリーグが、皆さまに迷惑をかける存在になってしまうとしたら、存在する意味さえもない事態」と怒りを隠せなかった。【実藤健一、松本航】

◆アデミウソン・ブラガ・ビスポ・ジュニオール 1994年1月9日、ブラジル生まれ。年代別代表経験もあり、21歳だった15年1月、母国の名門サンパウロFCから横浜移籍。翌16年G大阪に移籍し、今季で来日6年目。昨季は10得点で初めて2桁ゴールを記録するなどJ1通算154試合42得点、今季ここまで21試合6得点。176センチ、74キロ。独身。推定年俸9000万円、背番号9。