13年J2得点王のケンペス死亡、飛行機墜落事故

 12月1日にコロンビアのメデジンで行われる南米のカップ戦コパ・スダメリカーナ決勝に出場する、ブラジル1部シャペコエンセの選手ら81人を乗せ、メデジンに向かっていた飛行機が墜落した事故で、ブラジルの大手メディア・グローボは29日、13年に千葉でJ2得点王を獲得したFWケンペス(34)の死亡が確認されたと報じた。ケンペスは12年にC大阪、13、14年に千葉に所属した。

 またグローボは、奇跡的に生存し、救出されたGKフォルマンが手術を受け、足を切断したと報じた。またDFアラン・ラスケルは左足を骨折したほか、骨髄に達する可能性のある深いけがを背中に負い、DFネトも、頭部に重傷を負い、頭蓋内に血腫がある状態で、懸命の治療を受けている状態だという。

 遠征メンバーには、ほかに05年に柏、07年から10年までAマドリードに所属したクレーベル(35)、10年に京都に所属したDFチエゴ(30)、川崎Fに昨年在籍したMFアルトゥール・マイア(24)が入っていた。監督は09年に神戸を率いたカイオ・ジュニオール監督(51)が務めていた。

おすすめ情報PR

海外サッカーニュースランキング