ポルティモネンセ西村拓真が退団、コロナ感染拡大で

サッカーのポルトガル1部リーグのポルティモネンセは22日、ロシア1部CSKAモスクワから期限付きで加入していたFW西村拓真(23)が退団すると発表した。西村は新型コロナウイルスの感染拡大を理由に日本への移籍を希望しているという。

ポルティモネンセによると、CSKAモスクワも西村の意向を沿ってレンタル移籍を終了させた。CSKAモスクワ側の発表はないが、このままJリーグへ復帰することになりそうだ。

西村は2018年8月にベガルタ仙台からCSKAモスクワへ移籍。今年1月にポルティモネンセへ貸し出されたが、ポルトガルリーグでの出場は2試合にとどまっていた。