マジョルカ久保にパリSGなどオファー殺到 地元紙

MF久保建英が所属するマジョルカは24日、アウェーで行われるスペイン1部リーグ第31節でレアル・マドリードと対戦する。これを受けてスペイン紙アスは同日、「TAKE」の名前と背番号26の入ったマジョルカのユニホームを着てシュートを打つ久保のキャプテン翼風のイラストを一面に大々的に掲載した。

「ラ・リーガ(スペインリーグ)でセンセーショナルな活躍を見せる選手のひとりになっている日本人選手は今日、バルデベバス(Rマドリードの練習場。24日の試合会場はそこに併設されているBチームのカスティージャのホームスタジアム、アルフレッド・ディ・ステファノ)でテストを受ける」と伝えた。

また紙面で少年時代のバルセロナ入団からRマドリード入団に至るまでの経緯や、期限付き移籍中のマジョルカでの今季の成績などを紹介。特集記事を組み、他クラブからオファーが殺到していること、マジョルカの試合が日本で最も視聴されたこと、マジョルカがコナミとスポンサー契約を結び、SNSで成功を収めていることなどを伝えている。

さまざまなオファーが届く中、パリ・サンジェルマンが久保との契約に固執しており、スポーツディレクターのレオナルド氏が今月に動いたとのことだが、クラブに売却の意思は全くなく、久保本人もRマドリードにとどまることを望んでいるため拒否したとのこと。

また同紙は久保が昨年夏にもパリ・サンジェルマンから届いた年俸400万ユーロ(約4億8000万円)のオファーを断ったこと、そしてRマドリードでの久保の契約解除金が2億5000万ユーロ(約300億円)に設定されていることを明かしている。

パリ・サンジェルマンの他、スペインの9クラブ(具体的な表記なし)、アヤックス、ラツィオ、ACミラン、セルティックなどが関心を持っているとのこと。

久保は来季、最終的にRマドリードのメンバーに入らなかった場合、クラブと話し合い、行き先を決めることになる。現時点ではEU圏外枠の問題によりトップチームの枠がないとみられている。

アス紙はRマドリード戦に向け、久保が7試合連続でスタメン出場し、4-2-3-1のシステムの中、トップ下に入ると予想している。ダブルボランチはイドリス・ババとサルバ・セビージャ、右サイドハーフがダニ・ロドリゲス、左サイドハーフがクチョ・エルナンデス、1トップがブディミールとなっている。

来季に向けてさまざまな可能性がある中、久保には今季、自身の力を示す試合があと8節残されている。

(高橋智行通信員)