ビリャレアルがパレホ獲得 久保建、コクランに続き

  • 乾貴士(右)と競り合うパレホ(2018年9月15日撮影)

ビリャレアルはバレンシアのスペイン人MFダニ・パレホ(31)の移籍で合意したと、12日にクラブの公式サイトで発表した。契約期間は4年。スペイン紙マルカはこの移籍が無料であることを伝えている。ビリャレアルにとって、日本代表MF久保建英、フランス人MFフランシス・コクランに続き、今夏3人目の補強選手となった。

パレホはレアル・マドリードの下部組織出身で、Rマドリード、クイーンズ・パーク・レンジャーズ(イングランド)、ヘタフェでのプレーを経て、11年夏にバレンシアへ入団。在籍9年間で公式戦383試合に出場し、63得点62アシストを記録している。

パレホは12日午後に行われるビリャレアルのプレシーズン最初のトレーニングに参加する予定になっている。ひと足先に入団が発表されたバレンシアのチームメートのコクランとともに、ウナイ・エメリ監督率いるチームでダブルボランチを形成すると予想されている。(高橋智行通信員)