宇野昌磨「進歩してる」史上初の4回転ループ挑戦へ

 18日開幕するフィギュアスケート4大陸選手権の公式練習が17日、台湾・台北アリーナで行われ、宇野昌磨(18=中京大中京高)が、まだ国際スケート連盟公認大会で成功例のないジャンプ、4回転ループを3度着氷させた。

 約40分間の練習で10本試み3度成功。「僕の満足している、ちゃんと降りたのは1回。もっといいのもできますけど。最初の2回は回転があんまりよくなくて、最後のは割とよかった」とけろりと振り返った。今大会では挑戦しない予定だが、「他は全部跳べるジャンプだし、調子も悪くなかったので。1日1本は跳んでいきたいと思っている」とあえて練習した。

 4回転ループは、羽生結弦も現在特訓している技。誰が先に跳ぶのか、後は時間の問題だ。宇野は「誰も跳んだことのない4回転の種類を増やしていきたい」と、あらためて「史上初」への思いを語り、「調子のいいときにしか跳べないジャンプではなくなってきている。少しずつ進歩している」と近い挑戦を匂わせた。

おすすめ情報PR

スポーツニュースランキング

    更新