紀平梨花の来季フリー曲は、世界平和テーマ宗教曲集

フィギュアスケート女子で昨年12月のグランプリファイナルを制した紀平梨花(16=関大KFSC)が、来季のフリーで多様な宗教曲を集めた「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」というオリジナル楽曲を使用すると明かした。28日に横浜市内でのアイスショーに出演後、「テーマは難しいです。場面ごとに思うことがある」という。世界平和がテーマとなっている。

演技構成は習得中の4回転サルコーを冒頭に組み込み、2本のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)も入れる超高難度。ショーには年下のロシア人の4回転ジャンパーも参加しており、「良いところを取り入れたい」とした。サルコーが安定すれば、トーループの4回転にも挑戦する意向で「1種類が完成したらいずれは。いまはシーズン最初から(4回転の)安定感を出したい」。3月の世界選手権では4位に終わっており、「世界選手権の表彰台を意識して、最後まで力を残して、そこで一番いい演技ができるようにしたい」と見定めた。