リーチが自身の等身大像と初対面、母校へ寄贈予定

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初のベスト8入りを果たした日本代表の選手が11日、東京・丸の内でファンに感謝の気持ちを伝えるパレードを実施した。

リーチ・マイケルはパレード後、丸の内に設置されていた、自身の等身大のベンチアートを訪れた。

「リーチ像」は三菱地所の制作で6月に設置されたもので、“初対面”を果たしたリーチは腕などをなで笑顔を見せた。像はリーチが同社から譲り受け、1月にも母校・札幌山の手高に寄贈する予定となっている。

その他の写真

  • 「ラグビー日本代表ワンチームパレード」を終え囲み取材に応じるリーチは自身の像を見つめ頭をかく(撮影・垰建太)