校名変更の能代工、関係者驚く反対するOBの少なさ

  • シュートする能代工高時代の田臥勇太

全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門、能代工(秋田県能代市)の名前が消えることが7日、正式に決まった。この日、開かれた秋田県議会で、校名変更の条例案が全会一致で可決・成立した。能代工は来春、能代西と統合され、「能代科学技術高校」になる。

漫画「スラムダンク」の「山王工業」のモデルになった能代工は1960年(昭35)に監督に就任した加藤広志氏(2018年死去)の指導で67年、埼玉国体で初優勝すると、高校総体を22回、国体を17回、ウインターカップを19回制覇。年間3冠も9度達成し、能代を「バスケの街」にした。OBには日本人初のNBAプレーヤーになった田臥勇太(39)らがいる。

日本一は07年の秋田国体が最後になったが、今春、農業系の能代西との統合が発表されると、「月刊バスケットボール」の島本和彦元編集長らバスケ関係者が能代工の名を残そうと署名運動を展開。コロナ禍で活動が制限される中、3366人分の署名を集め、陳情書を議会に提出していた。

新校名として絞り込まれたのは「能代科学技術」「能代実業」「能代白神実業」「能代農工」「能代未来技術」の5案。最終的に「能代農工」と「能代科学技術」の一騎打ちになったが、在校生にイメージ調査したところ、「最先端の学びができそう」など87%が「能代科学技術」を選んだという。議案を審査した教育公安委員会では検討を続けることを求める声も出た。「校名への熱い思いがあることは分かるが、校歌、校章など準備する上で猶予はない」として、新校名は能代科学技術とする議案が提出された。

島本元編集長は「僕なんかは簡単に全国区のブランド名を捨てていいんですかと思うけど、加藤広志先生の教えが『相手のことを考えなさい』だったためか、OBから驚くほど反対の声が上がらなかった」と話した。【中嶋文明】

◆校名変更 少子化で公立高校の統合再編が進み、スポーツ名門校も統合による校名変更が相次いでいる。サッカーで全国優勝12回の清水商(静岡市)は13年、清水桜が丘になった。ラグビーで全国優勝2回の相模台工(相模原市)は05年、神奈川総合産業に、ドラマ「スクール☆ウォーズ」のモデルで花園優勝4回の伏見工(京都市)は16年、京都工学院に変わった。野球では95年センバツ優勝の観音寺中央(香川県)が17年、観音寺総合になった。