【あの日あの1面 1981年8月27日の奇跡】こ、濃い…東京「宇野ヘディング事件」VS大阪「江本舌禍事件」 

大阪野球部の田口真一郎デスクからメールが届きました。「江本さんの紙面を探してたら、同じ日の東京版もすごい1面。オモシロイので添付します」。日本球界最高峰の珍プレー&舌禍事件の同日報道。「ザ・スポーツ新聞」の特異日を、年齢、肩書き、表記、表現などなど、当時のまま再現します!

傑作選

昭和の先輩記者たち、構成・宮下敬至

プロ野球の無形文化遺産に登録されている「宇野ヘディング」は、帽子を叩きつける星野仙一とワンセットの逸品。写真もバッチリ残っています。「オレは、宇野がエラーしたから怒ったんじゃない。『誰が先に巨人を完封するか』で、賭けていたから怒ったんだ」。生前の星野さんが、お茶会で繰り返した鉄板ネタでした。ホントかなぁ…番記者を喜ばせようと、話を盛ってるんじゃないか…一抹のダウトは、復刻紙面をもって解消しました。試合直後の取材で、まったく同じことを堂々と話しています。監督、疑ってすいませんでした!【宮下敬至】

爆笑珍プレー サッカーじゃないよ宇野クン

【1981年(昭56)8月27日付 日刊スポーツ東京最終版から】

三十四歳・星野が、気迫とテクニックを駆使する131球の力投で、対巨人四連勝をマークした。

打倒巨人に燃える星野は、2点のリードをもらうと、中盤からは巨人の連続試合得点ストップをねらって完封勝ちへ全力投球。七回、山本の遊飛を宇野が頭部に当てるという珍プレーが飛び出し、記録ストップは惜しくもフイとなった。しかし、星野は気力をふるい起こして完投の対巨人34勝目。キラー健在のベテランパワーで、V1目前の巨人に見事ひとアワ吹かせた。

■悔しい! 完封逃す

ホームベースを囲むアンツーカーにパッと砂煙が立った。宇野の大チョンボであわや同点の走者・山本が憤死した砂煙ではない。アウトを見届けた星野が、自らのグラブを思いっきり地面にたたきつけたのだ。同点を逃れたガッツポーズ? いや違う――。

「あの時は悔しかった。あんなプレーをオレは始めて見たが、宇野に腹が立ったわけでなく、完封が逃げたと思ったら……」プロ十三年生、巨人退治を生きがいにしてきた男の意地だ。「巨人を完封出来るのはオレかマサ(大洋平松)しかいない。きょうだって先に点をとったからねらうつもりだった」その平松が二十三日の巨人戦(横浜)で沈み、それなら、ときょう二十七日先発予定の小松に〝完封したら金十万円ナリ〟の賞金レースを挑み、プレッシャーをかけてマウンドへ向かった。

■原も手玉のドラマ男

星野と巨人、過去数々のドラマを呼んでいる。ONとの対決、封じ込んで胸を張ったこともあれば、ガツンとかまされて打ちひしがれたこともある。過去のドラマは星野の忘れられない思い出であり、今なお巨人退治の気持ちが支えになっている。

そのガッツがこの日、二度にわたるニュースター原との真っ向勝負に火花となって表れた。序盤、強風で制球定まらずピンチの連続。初回二死一、三塁でホワイトをくさいコースをねらって歩かせ、三回二死二塁はホワイトを敬遠しともに原勝負。大入り満員のスタンドは大喜びだが、星野は涼しい顔。いや、むしろ勝負を楽しんだ感じさえあった。初回は外角攻め、三回は内角勝負で計算どおり三振と三ゴロで打ち取り巨人ファンにため息をつかせた。

「オレだって十三年プロでメシを食っているんだ。確かにいいバッターだが、そう簡単に打たれないぜ」お得意の星野節。「原退治? 気持ちだよ。あんな小僧に打たれてたまるかい、という気持ちがあれば……。もっともオレだってそうだが、それをはね返すと原も一段と成長するヨ」

■痛い失策、怒る星野

巨人の連続試合得点ストップ。そして昨年七月五日以来の完封勝利は、星野自身も読み取れなかった宇野のチョンボで消えてしまったが、気力をふるい起こして投げ切った。後半は「ふりかぶると追い風なので体が流れる。タメを作るために」と、走者なしでもセットポジション投法でベテランらしいち密な神経まで配って、勝利へ執念を燃やした。【川上】

■打った山本 あわやランニングホーマー

 中日宇野選手 ボールを見失ったわけではない。完全に追いついたがボールが風で揺れて見えたのと、自分自身の走った体の揺れでつい……。中継した正岡さんが山本さんをホームでアウトにしてくれた時は、跳び上がりたいほどうれしかった。

 巨人山本選手 あんなに走らされるとは思わなかったよ。とにかくゴール前でバテてしまった。ウーン、残念、残念でした。

ボールの位置に注目、直後の1コマ。跳ねっ返りがすごい!

ボールの位置に注目、直後の1コマ。跳ねっ返りがすごい!

江本舌禍事件を報じた大阪版1面。2番手の見出し「青木クラブ戻る」も意味深長、気になる

江本舌禍事件を報じた大阪版1面。2番手の見出し「青木クラブ戻る」も意味深長、気になる

江本捨てゼリフ ベンチがアホや…

【1981年(昭56)8月27日付 日刊スポーツ大阪最終版から】

 二十六日、甲子園球場の対ヤクルト19回戦に先発した阪神の江本孟紀投手(三十四)は、八回3点を奪われて降板したが「ベンチがアホやから野球ができん。アホ !! 」と吐き捨ててロッカーへ消える事件が起こった。江本は八回、交代のケースも考えられたが続投。これが裏目と出たためKOされたが、はたして江本の真意はどこにあったのか。

 この首脳陣批判とも受け取れる問題発言に対し、試合後、小津球団社長は「事情聴取」の意向を明らかにし、きょう二十七日大阪・梅田の球団事務所で同球団代表、奥井管理部長が江本孟紀から事情を聴く。

――◇―◇――

■球団、きょう事情聴取

 【問題の場面】4―1で阪神がリードして迎えた八回表。ヤクルトは一死から大杉が左前安打。杉浦の打球は藤田のミットをはじいて右翼線へ転がる二塁打となって二、三塁。ここで渡辺がセカンドオーバーのタイムリーを放って2点差。なおも一、二塁で藤江コーチがマウンドに足を運んだ。

 江本孟紀はそのまま続投となったが八重樫を三振(内角球に故意に当たったとしての判定)にとったあと、水谷に痛恨の右前2点タイムリーを浴びた。この後、藤井を遊ゴロにとってベンチに帰る時、江本はグラブをグラウンドにたたきつけた。そして、九回ヤクルト攻撃時にベンチを引きあげ、問題の発言を残してロッカーに消えた。

――◇―◇――

■グラブも投げつける

 江本の首脳陣批判は降板直後に起こった。八回の守りが終了した時点で投手交代を告げられた江本は、憤りをあらわにしてベンチを出てきた。そして群がる報道陣をしりめに「ベンチがアホやから野球ができへん」とはきすて、ロッカーに二~三歩足を踏み入れた所で再度「アホッ !! 」と叫んだ。そうしなければ、体のホテリをさますことができないかのように…。

 そういえば、江本は降板する際ベンチへ、グラブを思い切り投げつけている。これも、首脳陣をなじる一つのデモンストレーションだったかもしれない。

 なぜ?……。それまで江本はかいちょうなテンポで歩を進めていた。中七日、登板間隔があきすぎるというハンディをカバーする慎重な投球。事実七回までは、阪神の天敵ヤクルトを3安打、1失点に抑えていた。しかし、この時すでに投球数は127を数える。そして迎えた八回、一死から大杉以下に三連打され楽勝ムードが暗転。タイムリー打された渡辺への投球など高めに球が浮く危なっかしいもの。ヒットされた球は143球目。体力の限界に近いものだったろう。現に今季の江本の最高投球数は十二日の巨人戦(後楽園)で完投した時の139。

 当然のように藤江投手コーチがマウンドにいく。ブルペンでは池内、大町ができ上がっていた。池内自身「あの場面(一死一、三塁)で出番かなと思った」と覚悟を決めていた。しかし阪神ベンチが下した決定は〝続投〟。それも江本にいわせれば「あのとき、藤江さんは〝次打者の八重樫で勝負しろ〟としかいわなかった。オレの状態を聞くこともなかった。オレは池内でもいけるはずだし、代えられるかなと思ったのだが」とスッキリしないもの。八重樫は三振に切ったもののこの両者のわだかまりが表面化? 水谷に同点打を打たれてしまったのだ。

■首脳陣への不満も募って

 「どうせ代えられるなら、もっと早く代えて欲しかった。オレが渡辺に対した球など、うわついていた。(ベンチが)あそこを見極めるか見極めんかで勝負は決まりや」。私服に着替え球場外に出た江本の怒りはおさまっていなかった。この江本の不満は何も、この試合だけによるものではなかったようだ。〝便利屋〟的な使われ方にも不満があったのはたしか。小林、山本、工藤の三本柱の穴を埋めるケースが多く、その使われ方に疑問を抱いていたのも事実。この日の先発も急きょ、前日(二十五日)に決まったという。そうした積もり積もった首脳陣への不信感が今回の発言に結びついているようだ。しかし理由はどうであれこの日見せた江本の態度はいただけない。本人は「もうそろそろ今シーズンのケジメをつける時期や」と、それなりの覚悟を決めて〝首脳陣批判〟をしたフシもある。江本といえば、毎年トレードのうわさが出ていたが、今オフもこの問題がエスカレートしそうな雲行き。この発言に対して中西監督は「そんなこを言ったかどうか調べてみる」。藤江投手コーチは「あとの言葉(ベンチがアホ)は聞いていないのでお答えできない」と語ったが、いずれにしても江本の言動に対し、球団側がどんな処置をとるのか成り行きが注目される――。【北井】

 阪神小津球団社長の話 江本の発言は直接聞いていないので現段階ではなんともいえない。が、球団としては、二十七日に本人を呼んで事情聴取をする。チームの秩序を乱すような言動があったとしたら、ゆるされないし、断固たる処置をとる。

 阪神藤江投手コーチの話(マウンドで)八重樫なら江本のカーブで三振かゲッツーが可能なので八重樫で勝負しろといった。交代は八回、江本がベンチに帰ってきた時には決まっていた。グラブを投げつけるのは気合の入っている証拠でしょう。

 笠間捕手の話 江本さんは八回はちょっと気がはやっていたのか、ボールが高めに来ていた。五回以降は立ち直っていた感じなのだが……。

力投する江本。この後、大騒動に発展した責任を取り現役を引退。翌年「プロ野球を10倍楽しく見る方法」がベストセラーとなり、タレント、政治家とフィールドを広げていった。怒りにまかせてスタンドに投げ入れたグラブ(水島新司の似顔絵入り)は「なんでも鑑定団」で60万円! の値が。ピンチはチャンス、さすがです。

力投する江本。この後、大騒動に発展した責任を取り現役を引退。翌年「プロ野球を10倍楽しく見る方法」がベストセラーとなり、タレント、政治家とフィールドを広げていった。怒りにまかせてスタンドに投げ入れたグラブ(水島新司の似顔絵入り)は「なんでも鑑定団」で60万円! の値が。ピンチはチャンス、さすがです。