【夢幻のグローバル・リーグ:第6話】WBCの走り、侍ジャパンの原型「足跡つけた。誇りに」/祝! 野球伝来150年②

野球が日本に伝わり、2022年で150周年を迎えました。野球の歴史を振り返る不定期連載Season2は、国際化の先駆けとも言える、あるリーグに焦点を当てます。事実は小説よりも奇なり、全9回の第6話です。(敬称略)

ストーリーズ

古川真弥

▷申告敬遠、守備専属、複数代走OK

開幕から1カ月足らずで幕を閉じたグローバル・リーグ。資金面の詰めが甘く、運営面でも、地元の興行師にいいようにされた。国際リーグとして、あまりにお粗末だったが、実は、時代を先取りする試みも行っていた。

1つが、今でいう「申告敬遠」だ。スピードアップのため、指示するだけで打者は一塁へ歩く新ルールを導入した。

他にも、指名打者が投手以外にも使えた。守るだけの選手がいたということ。また、代走は同じ選手が試合中、何度でも出場できた。資金が限られており、選手不足を補うためだった。東京ドラゴンズの監督だった森徹も、プレーイングマネジャーとして試合に出場した。

「東京ドラゴンズ」の帰国を報じる1969年9月13日付の日刊スポーツ。5面を丸々使い、問題点などを検証している

「東京ドラゴンズ」の帰国を報じる1969年9月13日付の日刊スポーツ。5面を丸々使い、問題点などを検証している

▷巨人のアメリカ遠征と同等 大冒険

これらは苦肉の策だったとしても、1969年(昭44)という半世紀以上前に、斬新なアイデアで新たな野球の形が示されていたことは間違いない。何より、まだ「1ドル=360円」の固定レート。海外旅行が一般的ではなかった時代に、20代の若者たちが海を渡り、遠い異国でリーグ戦に挑んだ。その心意気こそ、評価されていい。

元甲子園球児で、草野球チームから加わった福井勉は、グローバル・リーグ、そして東京ドラゴンズの残したものを、こう強調した。

「評価したいと思えばできるだろうし、全く値しないと思えば、値しないかも分かりません。ただ、元プロ野球選手が日本から球団をつくって行ったということは、巨人軍がチームをつくって、全米を回った遠征と同じぐらいのことをやってのけたんじゃないかな。短期だったけど、ちょっと違った形だったけど、リーグでトップに立ってやった」

35、36年の東京巨人軍によるアメリカ遠征になぞらえ、続けた。

「ただ、時代が早すぎた挑戦だった。大冒険だった」

時代が早すぎた―。森は14年2月6日、78歳で生涯を終えた。亡くなる2、3年前、周囲にこう漏らしたという。

「(グローバル・リーグは)今のWBCの発祥だと思っている。僕たちが足跡をつけたんだ。誇りに思っている」

森の言葉を、福井もこう受け止める。

▷アップに四股、合気道

「まさに時代が早すぎました。当時、森さんが『我々が今、ここにいるのは、我々の使命だし、日本のプロ野球の後々のためになることだから』とおっしゃってましたね。ただ、その意味は、僕にはよく分からなかった。こうやって53年たってみると、ああ、そうか、WBCの走りだったんだと強烈に思っています。早すぎた。昭和44年では、まだまだ無理でしたね」

武道家でもあった森の発案で、投手陣はウォーミングアップに相撲の四股や合気道の動きを取り入れていた。それを見た地元の人たちからは「侍」と呼ばれたという。まさしく、侍ジャパンだった。

次からは、森の素顔を知る人たちの話を紹介したい。(つづく)