【ホークス週間⑤名門卒の里程標】甲斐に挑んで培った人生観 人を育て、守る―育成出身・堀内汰門の場合

ウィークデー通しのホークス特集。最終回は、捕手として6年間プレーした堀内汰門氏(25)が挑戦しているセカンドキャリアにフォーカスします。キャンプ地に近い宮崎県都城市で、看護師になるため猛勉強中。並行して週2回、子どもたちに野球塾も開催しています。扇の要としてチームを支えてきた野球人生から、医療現場で人を支える第2の人生へ。等身大の歩みを書き下ろしで。(本文敬称略)

ストーリーズ

石橋隆雄

◆堀内汰門(ほりうち・たもん)1996年(平8)9月16日生まれ。埼玉県出身。中学は坂戸ボーイズでプレー。通信制の高校に入り野球を一時離れていたが、1年9月に山村国際に編入し野球部入部。3年夏は花咲徳栄を破るなど、同校初の16強入りに貢献。14年育成ドラフト4位で入団。ドラフト同期は支配下で松本、栗原、笠谷ら。育成は堀内のほかに7人いたが支配下登録はされなかった。4年目の18年3月27日に支配下契約し背番号も「131」から「39」へ。1軍出場なく20年は再び育成契約し背番号は「144」。21年は社会人JFE西日本でプレーした。現役時代は175センチ、76キロ。右投げ右打ち。

狭いチャンスをつかみ支配下登録=2018年3月27日

狭いチャンスをつかみ支配下登録=2018年3月27日

★25歳 春から看護学生

堀内は、今年4月から宮崎県都城市の看護学校に通っている。准看護師まで2年、正看護師になるには5年学ぶ必要がある。国家試験もクリアしなければならない。

学校に通う3分の1は男性だ。「すごく心強いですね」。同じ夢を持つ仲間と、平日昼から夕方まで学ぶ。プロ野球選手を経験し、看護師の道を進むのは異例だろう。「もともと、人の役に立ちたいという思いは、すごく強くて。患者さんに寄り添う看護師になりたい」。実現まで長い道のりだが、決意は固い。

整形外科で看護師の助手として働いていることも、夢を膨らませる要因になった。患者のおむつ交換や入浴の手伝い、掃除などが仕事。平日の午前中と、週3回は学校後に2時間勤務している。

患者と実際に触れ合うことで、現場の厳しさ、大変さを知る。その経験を重ねるごとに、看護師への思いは強まっている。高校までは勉強よりも野球優先の日々。「野球だけやっておけば、といった考えだった。今は『看護師になりたい』と思って通っている。勉強ひとつひとつが新しいことばかりなので。吸収するものがたくさんあって楽しいですね」と、25歳で初めて勉強する喜びを感じている。

★4年目 キャンプ1軍モノに

14年育成ドラフト4位で、山村国際高からソフトバンクに入団。1年目の15年にいきなり右鎖骨を骨折した。「入院とかリハビリとか、きつかったんですけど。看護師さんが優しく接してくれて、気持ちとか楽になりました」。プロ生活の中で、第2の人生の原風景があった。

捕手として6年間プレー。3軍制を敷き、育成が毎年20人以上いる中で支配下契約を勝ち取れる選手は数人しかいない。

堀内が育成4年目の18年、チャンスは突然訪れた。この年も育成は25人でスタートした。2月のキャンプで高谷と栗原が故障。緊急事態の中、過去3年間で2軍戦出場3試合の3軍捕手が、1軍に抜てきされた。「ここしかないと一気に目の色を変えた。やっぱり野球人生の中で、一番の思い出の瞬間ですね」。

支配下登録直後の練習。甲斐と=2018年3月27日

支配下登録直後の練習。甲斐と=2018年3月27日

オープン戦では右手親指を脱臼したが、弱音を吐くことはなかった。2度スタメンマスクもかぶり、8試合に出場。4打数無安打も最後まで残り、開幕前に支配下登録され、背番号「39」をつかんだ。

★ノムさんの手

1軍は想像以上に華やかだった。満員のヤフオクドーム(現ペイペイドーム)の大歓声は、今でも耳に残る。

18年3月31日オリックス戦。ホークス球団創立80周年を記念した「レジェンドデー」で、南海OBの江本孟紀のセレモニアルピッチの捕手役を務めた。

背後には、審判役の野村克也がいた。「僕の背中に手を当ててくれて。絶対に球を後ろにやっちゃいけないって、ものすごく緊張しました。でも幸せでしたね。普通じゃ味わえない」。KATーTUN亀梨和也の始球式を受け握手したことも。「思った以上にピュッと来て、さすがだなと思いました」と、今でもちょっぴり自慢のシーンだ。

審判を務める野村克也氏の前でキャッチ。背中に手を添えてくれた思い出=2018年3月31日

審判を務める野村克也氏の前でキャッチ。背中に手を添えてくれた思い出=2018年3月31日

当時の1軍は、甲斐と捕手2人だったこともあり、公式戦で出番はなかった。4月15日ロッテ戦後に降格。その後、1軍に戻ることはなく、19年オフに再び育成契約。20年オフに戦力外通告を受けた。

「1軍に行って『オレだったらできる』というような気持ちは、多少はあった。2軍、3軍って落ちた時に、モチベーションが上がらなくて。『何でオレが』という、いらない自分がいて。それをどかすのが自分の中で一番時間がかかりました」

自信とともに過信も生まれた。3軍バッテリーコーチの加藤領健、2軍バッテリーコーチの的山哲也から「このままではダメだ」と強く怒られても、背番号が再び3桁になるまで、変われなかった。

★JFE西日本を退社 若駒指導

最後の1年は、2軍で26試合マスクをかぶった。3軍も多かったが全力でやりきった。「自分の中で一番成長した年でした。2020年の気持ちが、18年の(1軍から)落ちた時になれば、もっと変わったかもしれないけど。過去には戻れないので」。気付いた時には遅かった。だが、その充実感が翌年に社会人JFE西日本でプレーすることにつながった。

社会人から再びNPBを目指すはずだったが、チームは大卒新人をレギュラー捕手にした。堀内はプロで学んだことを教える役となった。

パーソナル野球教室「89塾汰門」を週2回開き、子どもたちに野球を教えている=2022年7月20日、本人提供

パーソナル野球教室「89塾汰門」を週2回開き、子どもたちに野球を教えている=2022年7月20日、本人提供

現役引退を決意したと同時に、指導者としての楽しさを覚えた。1シーズンで退社し、都城市で子どもたちへの野球塾「89塾汰門」を立ち上げた。現在は、病院勤務と看護学校の合間、水、金曜日の夜に球場を借りて教えている。軟式、硬式問わず、小、中学生が対象。特に捕手の技術を教えている。

堀内は、中学3年の夏に不登校の時期があった。

ボーイズリーグで野球をしていたが右肩を故障。強豪高校からの誘いもあったが、「野球はもうできない」と、先輩のバイクの後ろに乗せてもらい、友達の家に泊まるような生活を2カ月続けた。

★被災地に寄り添いたい

母裕希子の説得で更生したが、野球はあきらめ通信制の高校に入った。だが、投げ過ぎで炎症を起こしていた肩は治っていた。中学時代から注目してくれていた山村国際に2学期から編入。新チームから入部し、無名高校ながら強肩捕手としてプロから注目される存在となった。

母に誘われ、野球を再開した時の楽しさが忘れられない。「野球人口も減ってきている。野球の楽しさをひとりでも多く伝えたい」。型にはめずに、ひとりひとりに合った指導を心がける。何よりも野球の楽しさを伝えたい。できる限り指導者も続けていくという。

高卒育成入団から正捕手となった、4歳年上の甲斐拓也が目標だった。自主トレにも連れていってもらった先輩に引退のあいさつをした時、甲斐から「現役生活お疲れさま。これから新しい道だし、今後の方が長いから、汰門がやりたいことを応援するし、サポートするから、何かあったら連絡して」と励まされた。

第2の甲斐にはなれなかった。1軍での輝きも一瞬だった。だが、人を支える喜びは、消えなかった。

甲斐拓也を追いかけた日々が血肉に=2019年1月11日

甲斐拓也を追いかけた日々が血肉に=2019年1月11日

夢は大きい。「最終目標はフライトナースとかDMAT(災害派遣医療チーム)のように被災地に行って、看護師としての最前線にいたい」。ドクターヘリに同乗したり、地震や水害などの被災地に乗り込む。

「絶対、被災地の人たちって不安じゃないですか。そういう気持ちを和らげたい。やっぱり誰かの役に立ちたいと。捕手をやっていた分、投手を立てるとか、そういうことをホークスで経験できた。『自分が、自分が…』とは思わず、患者さんに寄り添いたい」

野球で学んだことは、違う世界でも生きる。マスクを脱いでも、堀内は多くの人々を支えていく。