速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
広部玄の株やっちゃうぞ

メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  今、心の診察室では
 

【第44回】

20、30代の女性に多い

今、心の診察室では

顎関節症(下)

 歯科疾患として有名な顎(がく)関節症には、次のような症状を訴えるケースが多い。

 ▼あごの関節が重い。何となく緊張感が続く。
 ▼口が開けにくい。物を食べるにも支障がある。
 ▼口を開け閉めするときに関節部が雑音を出す。コキコキ、カクッカクッ、クリッといった音である。
 ▼あごの関節部が痛む。
 ▼頭痛、肩こり、腰痛、めまいなどといった不定愁訴がある。

 これらの訴えの中で、3大主要症状といわれているのが(1)顎関節部の疼(とう)痛(2)顎関節の雑音(3)下顎の運動制限である。そして、顎関節、もしくは物をかみ砕くのに必要な咀嚼(そしゃく)筋に障害が出る疾患が顎関節症である。

 原因には「顎関節の位置の異常と形態の異常」「咬(こう)合異常」「咀嚼(そしゃく)筋の緊張」「神経筋機構の関与」「精神面」の5つくらいがある。

 「かつては、その多くが咬合異常といわれていましたが、今日ではストレス・精神面がクローズアップされ、日本歯科心身症学会では顎関節症も心身症のグループに含められています」と、心身症を専門とする日大歯科病院(東京都千代田区)口腔診断科の後藤實助教授はいう。

 患者は10代から60代ときわめて幅広いものの、どういうわけか20代、30代の女性に圧倒的に多くなっている。

 検査では原因の5つくらいをすべて疑いながら進めていく。「顎関節自体に異常がある場合は口腔外科に診てもらいます。咬合異常であれば補綴(ほてつ)科です。このような原因がない場合は心因性を考えて心理検査を行います。心因性と咬合異常が重なって起きているときは、補綴科と協力して治療を行います」。

 もちろん、顎関節症の場合はこれだけで治療は万全とはいかない。心身症のみならず軽いうつ状態、さらには神経症が多く、重症では「かむ位置が分からない」と患者さんが訴えることも。このようなケースでは精神科医とのリエゾンで治療が進められていく。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

リエゾン

 リエゾンとは連携。心療歯科医と精神科医とが連携して診療を行うケースが増え、患者の治療がより的確に行われるようになってきた。
前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ