速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第133回】

食生活の改善と適度な運動を

この病気にこの名医

高脂血症(下)

 高脂血症は動脈硬化を促進して脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞に結びつくだけではなく、増えるコレステロールの種類によっては冠状動脈にスパズム(攣縮=れんしゅく)という痙攣(けいれん)を起こして突然死にも結びついてしまう。

 「コレステロールや中性脂肪の数値の高い低いだけではなく、その種類も詳しく調べて治療をしてほしいのです」と言うのは、高脂血症の診療で知られる品川イーストワンメディカルクリニック(東京・港区)の板倉弘重理事長(68=茨城キリスト教大学教授)。

 治療は、肥満、喫煙など動脈硬化の危険因子を持つ人は、まずそれらをできるだけ減らし、それとともに食生活の改善と適度な運動を行う。

 ◆食事療法

 <1>野菜や海藻で食物繊維をとる。野菜の難溶性食物繊維は糖分の吸収を抑え、海藻などの水溶性食物繊維はコレステロールを吸着・排せつを促す。

 <2>大豆と魚をタンパク源の主役に! 悪玉のLDLコレステロールを増やす動物性タンパク質を少なくして、植物性タンパク質の大豆製品を増やす。「中性脂肪を下げるDHAやEPAの多い魚も中心に据えましょう」。

 <3>抗酸化物質を摂取! 動脈硬化の促進に結びつくLDLの酸化を防ぐため、抗酸化物質であるポリフェノール、ビタミンC、Eを多く含む食材を摂る。

 <4>総カロリーを減らしてバランスの良い食事! 食べすぎ、飲みすぎは中性脂肪やコレステロールを増やすので腹八分。そして1日30品目のバランスの良い食事。

 ◆運動療法

 普段、運動していない人が急に行うと、ひざなどを痛めるので、少しずつ運動量を増やしていく。10分のウオーキングから始めて、20分、30分まで延ばす。これを1日1回、もしくは2回。「速度はニコニコペース。話しながら歩ける、息が切れない程度です。これに筋力トレーニングも加えていただくと、消費エネルギーが増えて太りにくい体質に変わっていきます」。

 これは高脂血症のみならず、糖尿病、高血圧、肥満など生活習慣病対策に結びつくので、しっかり行うべきである。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆高脂血症の名医◆

 ▽中谷内科クリニック(東京都中野区)中谷矩章院長
 ▽国際医療福祉大学付属熱海病院(静岡県熱海市)内科・都島基夫教授
 ▽金沢大学医学部付属病院(石川県金沢市)内科・馬渕宏教授
 ▽住友病院(大阪市北区)内科・松沢佑次院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ