速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第142回】

再手術になるケースも

この病気にこの名医

胸部大動脈瘤のステント治療

 胸・腹部大動脈瘤(りゅう)の治療の中心は手術。現在は、そのほかに2つの術式が行われている。その1つが「オープンステント」、もう1つが「ステント」である。

 オープンステントは開胸、開腹後、大動脈瘤の心臓側にステントを縫いつけ、反対側は縫いつけずにそのままにしておく手術。一方、ステントはカテーテル(細い管)を使って大動脈瘤部分にステントを留置してくる術式。そのため、開胸、開腹する必要がない。

 が、その大動脈瘤のステント治療に対して、川崎幸病院(川崎市幸区)大動脈センターの山本晋センター長(45)は、疑問を投げかける。「ステント治療では再手術になるケースもあり、患者さんに対して本当に誠実な治療といえるのでしょうか」。

 大動脈瘤に対するステント治療は、術式としては心臓カテーテル治療と同じである。脚の付け根の動脈からカテーテルを大動脈瘤のできている患部にまで挿入し、その患部の長さよりも多少長いステントを留置してくるのである。

 「このステント治療には3つ問題があります」。山本センター長の指摘する問題点とは−。

 <1>ステント治療の長期成績(91年から米国で始まった)がいまだに出ておらず、確かに有効な治療か否かが不明。つまり、確実性が低いというのである。

 <2>「ステント治療を行っている医師たちは、『治療後、患者さんは元気になられました』と言います。でも、大動脈瘤の患者さんは治療前も症状がなく元気なのです」。

 <3>ステントの端から血液が瘤に侵入し、大動脈瘤が拡大するケースがある。

 「ステント留置後に再手術になったときは、ステントが大動脈壁に食い込んでいるので、ステント留置前なら単純な腹部大動脈置換ですむケースが、ステントが留置されているために、より広範囲な大動脈置換が必要な場合も考えられます」。ステント治療法はさらに改善が加えられ、より患者の望む治療に進歩してもらいたい。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆胸部大動脈瘤の名医◆

 ▽広島大学病院(広島市南区)心臓血管外科・末田泰二郎教授
 ▽久留米大学病院(福岡県久留米市)心臓血管外科・明石英俊講師
 ▽佐賀大学医学部付属病院(佐賀市)心臓血管外科・伊藤翼教授
 ▽琉球大学医学部付属病院(沖縄県西原町)第2外科・古謝景春教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ