速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第65回】

延命効果「パッチ療法」

この病気にこの名医

肝臓がん

 今日では、都道府県にほぼ1カ所ずつ、がんを専門とする病院ができている。東の国立がんセンターに匹敵するのが西の大阪府立成人病センター(大阪市東成区)。その消化器外科。肝臓がんの治療・研究の第一線で活躍しているのが佐々木洋部長(55)である。

 日本のトップを競う成績を知って、患者は引きも切らずに訪れる。外科、内科合わせて毎月平均20人弱の新しい肝臓がん患者が入院。内訳は肝細胞がん患者13人、胆管細胞がん患者3人、転移性肝がん患者3人、肝門部胆管がん患者1人。このうち肝切除ができるのは約40%。一般の病院では20%程度なので、技量の高さが分かる。

 手術後の5年生存率は肝細胞がんが65%、胆管細胞がんが38%。

 肝切除以外にも治療方法は数多い。それは、佐々木部長自身が治療法を開発しているからでもある。「『サンドイッチ療法』と『ラップ療法』などを開発しました」。  佐々木部長が挙げた「サンドイッチ療法」とは、肝がんへの酸素と栄養の道を断って、がんを兵糧攻めにする肝動脈塞栓(そくせん)療法の改良方法。「がん病巣の血管の出入り口をふさぎ、がん病巣血管内に抗がん剤がとどまっているようにしたのです。がん病巣内の抗がん剤の濃度は、がん以外の組織内の濃度に比べて3倍以上になっています」。

 酸素、栄養の道を断たれたがん細胞は、新生血管を誘導する。この状態が起きないようにシリコン製の膜で肝臓をラップ。現在では肝がんの表面だけにシリコン製の膜を張る「パッチ療法」が主になっている。ラップ、あるいはパッチでほかからの栄養血管を断った後、肝動脈塞栓あるいは肝動脈に抗がん剤を注入する。以降、6年の延命に結びついた患者もいる。

 「どうしたら患者さんを救えるか。また、延命になるかを常に考えています。それが開発に結びつきました。そして、最初の患者さんが54カ月と長生きしてくださいました。患者さんに感謝です」。

 さらに、開発は続く。

 ▼肝動脈塞栓療法 酸素と栄養の血管・肝動脈をふさいでがん細胞への補給を断つ。すると、がん細胞は死滅してしまう。肝切除ができない、また、再発した肝がんへの開腹しない治療法。1週間程度の短期入院で済む。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆肝臓がん(外科)名医◆

 ▽北海道大学病院(札幌市北区)第1外科・藤堂省教授
 ▽千葉大学医学部付属病院(千葉市中央区)第1外科・宮崎勝教授
 ▽東京大学医学部付属病院(東京都文京区)肝胆膵外科・幕内雅俊教授
 ▽日本大学医学部付属板橋病院(東京都板橋区)消化器外科・高山忠利教授
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ