【西武ドラフトの記憶】83年渡辺GMから22年蛭間まで 青年15人「運命の1日」

プロ野球ドラフト会議が10月26日に行われる。候補選手たちはどんな思いで、運命の前後を過ごすのか。プロ野球選手になった先輩、埼玉西武ライオンズの選手や首脳陣が、運命の日の記憶をたどってくれました。年齢に関係なく、記憶の濃淡はそれぞれであるようで。

プロ野球

今やアマチュア選手たちを評価し、指名する立場になった渡辺久信GM(58)は前橋工(群馬)時代の83年、ドラフト1位で指名された。自分の指名の瞬間は知らない。

「見てないよ。見てるわけないじゃん。授業中だよ」

入団が内定した前橋工・渡辺久信=1983年12月

入団が内定した前橋工・渡辺久信=1983年12月

ちょうど隣にいた潮崎哲也編成ディレクター(54)が「昔はだって、ドラフト会議、午前中からやってましたよね」と懐かしむ。GMがさらに回想する。

「俺なんか製図だよ、製図。機械製図。カチャカチャってあるじゃん。製図の試験か実習か何か。ドラフトの時間になったら『お前行くと目立つから俺が行ってくるわ』ってクラスメートがテレビか何かこっそり見に行ってくれて。それで分かったよ。授業中に分かったよ」

松井稼頭央監督(48)はPL学園(大阪)時代の93年、ドラフト3位で指名された。意外な場所にいた。

「後輩の試合をみんなで応援に行ってたんですよ。日生球場に。日生球場のスタンドで、僕だけラジオ聴かせてもらって」

巨人、ダイエー、中日からも高い評価があったという。

「岡島(秀樹)が巨人3位になって。そしたら巨人の4位かなと思ってたら、ライオンズが3位。自分の名前が聞こえてきて『うわ~っ!!』ってびっくりしたね」

運命の瞬間に日生球場にいたこともあり、当日の記者会見などは「記憶にないなぁ」とのことだった。

入団会見に臨んだ、左から尾山敦、山田潤、石井貴、松井稼頭央、白鳥浩徳=1993年12月

入団会見に臨んだ、左から尾山敦、山田潤、石井貴、松井稼頭央、白鳥浩徳=1993年12月

赤田将吾1軍外野守備走塁コーチ(43)は日南学園(宮崎)時代の98年、ドラフト2位で指名された。

秋の神奈川国体では、ともに日本代表で戦った横浜・松坂大輔投手と対戦した。「感想とか聞かれましたよ。クラスメートにも記者にも。『めちゃめちゃ速かったです』って。プロ行ってもできれば対戦しなくない、って言ってました」

そして当日、松坂1位に続いての西武2位指名。

「うわ、対戦しなくて済む! って。速攻、松坂にメールしましたもんね。でもあの時はまだ横浜入りたいって言ってたので、いや絶対来いよって。僕の場合、西武でドラフト2位って言うよりも『松坂1位で僕2位です』って言った方が分かってもらえました」

アジアAAA全日本選抜チーム祝勝会で記念撮影に納まる左から吉本亮、松坂大輔、実松一成、杉内俊哉、新垣渚、村田修一、手前は赤田将吾=1989年9月

アジアAAA全日本選抜チーム祝勝会で記念撮影に納まる左から吉本亮、松坂大輔、実松一成、杉内俊哉、新垣渚、村田修一、手前は赤田将吾=1989年9月

野田浩輔1軍バッテリーコーチ(45)は新日鉄君津時代の00年、ドラフト6位で指名された。社会人5年目だった。

「5年、まぁ、しんどかったですよ。最初何年かは『もう無理だな』と思ってたので。同じチームにいい捕手いっぱいいたし、試合に出たら金属バットでぼこぼこ打たれたし。オリンピックの選考会があって、最後の年だけめっちゃ成績上がったんですよ」

シドニー五輪の日本代表にも選ばれ、ようやくの大願成就に。

「単純に経験積んで余裕ができただけだと思います。それまでは試合に出ても劣等感ばっかりでしたよ。ずっとやってもプロ行けなかったら、熊本の実家で農家継いでたのかな。昔はい草やってたけど、今はレタスとかをやってて」

けっこう名の知れた農家だそうだが「俺は全然ノータッチだよ」と笑った。

後列左から福井強、野田浩輔、帆足和幸、中島裕之、水田圭介。前列左から、大沼幸二、東尾修監督、三井浩二=2000年12月

後列左から福井強、野田浩輔、帆足和幸、中島裕之、水田圭介。前列左から、大沼幸二、東尾修監督、三井浩二=2000年12月

伊藤和明1軍ヘッドS&Cコーチ(36)は盛岡中央(岩手)時代、05年ドラフトでドキドキした。

真後ろの席がドラフト候補。野球部でともに汗を流した銀次内野手(35)だった。楽天に高校生ドラフト3巡目で指名された。

「席が廊下側で、あの日は誰かが廊下を通るたび、みんな銀次を見てきて」

日刊スポーツが撮影した胴上げなどの喜び写真に、伊藤コーチも同級生として映っていたと笑う。

「そういうのが全部終わって、寮生みんなでチャリに乗って、近くの『道頓堀』でお好み焼き食べてお祝いしました」

楽天3巡目指名の銀次は校庭で仲間に胴上げされる=2005年10月

楽天3巡目指名の銀次は校庭で仲間に胴上げされる=2005年10月

高橋光成投手(26)は前橋育英(群馬)時代の14年、ドラフト1位で指名された。

本文残り64% (2958文字/4635文字)

1980年11月、神奈川県座間市出身。法大卒、2003年入社。
震災後の2012年に「自転車日本一周」企画に挑戦し、結局は東日本一周でゴール。ごく局地的ながら経済効果をもたらした。
2019年にアマ野球担当記者として大船渡・佐々木朗希投手を総移動距離2.5万キロにわたり密着。ご縁あってか2020年から千葉ロッテ担当に。2023年から埼玉西武担当。
日本の全ての景色を目にするのが夢。22年9月時点で全国市区町村到達率97.2%、ならびに同2度以上到達率48.2%で、たまに「るるぶ金子」と呼ばれたりも。