地元の山根将太(26=岡山)が1予8Rで逃げ切り、白星スタートを決めた。力強い踏み方で後続を一本棒にして、人気を分けた山田久徳にレースをさせない好内容だった。

「バックまでにまくられなければ、あと半周頑張る気持ちで逃げた。1センターは風が強かったけれど、そこを乗り越えたらいいという思いだった。初日に飛んだら(1予敗退)残りの3日間は面白くないので、勝ち上がれて良かった。2予は勝っても負けてもいいレースがしたい」。前検日に「2予突破が目標」と控えめな目標を口にしたが、2予12Rは松浦悠士の援護が心強い限り。準決進出を決めてファンの声援に応えたい。