日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

川須が重賞初騎乗Vへ気合/マーメイドS

乗り運動をするモーニングフェイスと鞍上の川須騎手(撮影・奥田泰也)
乗り運動をするモーニングフェイスと鞍上の川須騎手(撮影・奥田泰也)

 先週終了時点で全国リーディング3位。旬の男・川須栄彦騎手(19)が日曜阪神メーン・マーメイドS(G3、芝2000メートル、19日=阪神)でモーニングフェイス(牝4、矢作)と重賞初騎乗初Vを狙う。

 川須 日々の調教で乗せていただく多くの馬に、自分は育ててもらいました。そのチャンスは関係者の方々に与えていただいた。いまだに失敗ばかりでヘタクソですが、馬の動かし方や判断力は無意識に心身で覚えつつあります。

 新潟、小倉のローカル開催で大きく勝ち星を伸ばした。そして今回の重賞騎乗依頼。さらなるステップアップのチャンスだが、スタンスは冷静だ。背伸びせず、しっかり足元を見つめるからこそ結果がついてくるのかもしれない。

 川須 最近は特別レースで人気馬に乗る機会も多くいただきますが、いい馬に乗るたびに後悔も増える。それで、どうしたら最善の結果に結びつくか、また考える。その繰り返しを積み重ねていくしかないと思うんです。

 馬のタイプによって長さ、太さの違う3種類のステッキを使い分ける。例えば過敏な牝馬なら細手の軽いステッキで過度に多くたたかない。逆にズブい馬には太めの長いステッキでビッシリ追う。先輩の騎乗姿勢を参考に、自分のフォームを試行錯誤して改良し、ダメなら出直す。なんでも試す時期は今しかないのを痛感している。

 重賞初舞台でコンビを組むモーニングフェイスは、最終追いで感触をつかんだ。「ストライドの大きい、いかにも芝向きの良い馬です。VTRを何度も見て自分なりにイメージはつかみました。重賞は一段と厳しいですが、何かを得ようと思います」。玄界灘の荒海がはぐくんだ根性を武器に、一発ぶちかます。【鎌田優】

 [2011年6月17日8時51分 紙面から]

キーワード:

川須栄彦

このニュースには全0件の日記があります。




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞