若手中心で、開幕前は「8強で上出来。期待は22年大会」という評判だったイングランドが大躍進。そんな中、ダイアーは「まだ我々は成功したとは思っていない。もっとやってやろうと、ハングリーになっている」と話す。

 エースのケーンが6得点と好調でここまでチームは11得点(うちセットプレー8得点)、同国としては優勝した66年大会と並ぶ最多。新記録をつくって決勝に進みたい。