コンテンツエリア



メインコンテンツ

クラブワールドカップ2021

欧州王者のチェルシーが、初のクラブ世界一に輝いた。

南米王者・パルメイラスとの決勝は一進一退の状態で、1-1のまま延長戦に突入。チェルシーは延長後半12分にDFアスピリクエタのシュートが相手DFルアンの手に当たり、PKを獲得。これをMFハバーツが落ち着いてゴール左に決めて勝利を引き寄せた。

チェルシーは12年大会でも決勝に進出。アザール、フェルナンド・トーレス、ランパードらそうそうたるメンバーを擁し、圧倒的有利の声がありながら、0-1でコリンチャンス(ブラジル)に敗れた。今大会ではその時と同じブラジルのクラブを相手に見事、雪辱を果たした。

  • クラブW杯2021組み合わせ
  • クラブW杯2021_5位決定戦組み合わせ クラブW杯2021_3位決定戦組み合わせ



海外サッカー

【欧州CL】決勝は「バロンドール対決」 レアル・…
【欧州CL】決勝は「バロンドール対決」 レアル・… [記事へ]





右カラム