今季のプレミアリーグで勝ち点66の6位に終わったマンチェスターUが、「金額に見合う勝ち点ランキング」でプレミアリーグ最下位だった。13日付の英紙サン電子版が報じた。

マンチェスターUは、欧州チャンピオンズリーグ圏内の4位トットナムから勝ち点5差、欧州リーグ進出の5位アーセナルとは勝ち点4差をつけられ、来季の欧州カップ戦進出を逃した。トップチームの選手が受け取る平均年俸を勝ち点で割ると、約10万ポンド(約1400万円)となり、同リーグ最下位だった。

スールシャール監督率いるマンチェスターUは、シーズン最後の12試合のうち8試合を落とした。複数トップ選手が今夏に退団する可能性もある。同クラブのトップチームにおける選手の平均年俸は、リーグトップで653万4654ポンド(約9億2000万円)だった。FWアレクシス・サンチェスは、昨年10月から得点を決めていないが、週給50万5000ポンド(約7100万円)を受け取るほか、DFポグバは、週給29万ポンド(約4100万円)を稼ぐ。

降格が決まった20チーム中18位(勝ち点34)のカーディフは、トップチーム選手の平均年俸を勝ち点で割った数字が2万8161ポンド(約3970万円)で、同ランキングで首位だった。(A・アウグスティニャク通信員)