アーセナルはホームのニューカッスル戦に4-1で快勝し、リーグ戦6連勝で勝ち点を58に伸ばした。首位リバプールを勝ち点2差、2位マンチェスター・シティーを1差で追う。

試合は前半18分に右CKから相手のオウンゴールで先制すると、同24分にFWハーバーツのリーグ戦2試合連続ゴールで加点。後半20分には好調を維持するFWサカのリーグ戦5試合連続ゴールでリードを広げ、その4分後に左CKからDFキビオルが頭で押し込んで4点目を挙げた。

21日に行われた欧州チャンピオンズリーグ(CL)のポルト戦は0-1で敗戦。アルテタ監督は「ポルト戦ではボールを持っているときはよかったが、ボールがないときは自分たちの良さを発揮できなかった。それが大きな教訓になった」と選手たちの修正力をたたえた。

リーグ戦の6連勝期間中は5、2、3、6、5、4得点と量産。指揮官は「我々はさまざまな方法でゴールを決めており、もっと多くを望む。1点を決めたので、2点目、3点目、4点目を狙いたいと思っている。私はそのチームのメンタリティーが好きだ」と語った。

さらに「自分たちのリズムを維持して戦い続け、見ていてとても楽しかった。これを続けていかなければならないし、より良くでききるところもある。けが人が戻ってくるのも大きな後押しになるはずだ」と話した。

欠場が続いているDF冨安健洋(25)はこの日もベンチ外。指揮官は試合前日に「冨安はもう少し時間がかかりそう」と話していた。