モナコのMF南野拓実(29)はホームのパリ・サンジェルマン戦にフル出場し、試合は0-0で引き分けた。

南野は左サイドのMFで先発し、前半15分過ぎに右足ミドルでゴール右上を狙ったが、相手GKドンナルマの好セーブに阻まれた。同40分過ぎには巧みな足技で相手2人をかわすなどコンディションの良さをうかがわせた。

パリ・サンジェルマンは先発したFWエムバペが後半開始から退いたが、南野は豊富な運動量で守備でも奮闘。首位チームを相手に引き分けに持ち込んだ。ヒュッター監督は「素晴らしい試合だった」と振り返った。

モナコは勝ち点42で暫定3位。パリ・サンジェルマンは勝ち点55で首位を独走している。