どーもです。PXGの新製品「Black Ops」シリーズですが、今日紹介するのはFWです。ボクのゴルフ史上初の4Wセッティングです。これまでFWは3&5Wの2本でした。このブログでもご存じの通り、FWに苦手意識のあるボクはティーアップでの試打という状態です。特に3Wの直打ちは、ボールの頭をぶったたく確率が高いです。その状況を話すと4Wを提案されたのでした。というけで、早速いってみましょう。


まずが見た目から。


ドライバーのようにソールまでカーボンは採用していと思いますが、ドライバー同様トウ&ヒール、そしてソール後部にウエートを配置です。

フェースはセミディープ。かつ、ちょっとコンパクト系かな? フェース中央部にボリュームがあるような感じで、見えた目からはちょっとだけ難しさを感じるかもしれないけど、実際にはそんなことはありません!!

ボディはシャローですが、サイドウォールがあって、しっかりボディの縦幅が確保されている感じ。最近この形状のFWは少なくなったような気もしますが、その昔FWで一世風靡した某社のFWがこんな形状でしたよね。

後ろ姿です。後ろから見るとなぜか薄いんですよね。何でだろう!?

構えてみるとこんな感じ。クラウンの投影面積自体は決して大きくはないけど、シビアなイメージはないと思います。

今回試打したのは、グラファイトデザイン社製「ツアーAD UB-6」Sフレックス装着モデルの4W。スペックは、ロフト角17度、ライ角58.5度、長さ43インチ、総重量318.5g、バランスD2。ヘッド体積未発表。シャフトスペックは、重量65g、トルク3.2、中調子。

試打会場は東京・メトログリーン東陽町、ボールはブリヂストンゴルフのレンジ用2ピースボールを使用。


持ってみた感覚ですが、重量的にはしっかり重量系だけどいい感じ。グリップは、太め好きなボクにちょうどいい感じ。シャフトを手でしならせてみると、やはりしっかり系ですが、しなりポイントが真ん中よりもやや先。ワッグルしてみると、ヘッドの振れ幅はドライバー同様大きくない感じ。素振りしてみると、ドライバーよりも気持ちシャープに振れそうなイメージでした。


今回は敢えて直打ちで打ってみましたが、とにかくボールが上がりやすいです。むしろ、ティーアップして打つと上のネットに当たってしまうくらいでした。スイング的には「低く長いインパクト」を意識していますが、これは恐らくヘッド自体の重心位置に加え、シャフトの影響もあると思います。「ツアーAD UB」シリーズはこれまで打ったことがなかったけど、「なんで今まで打たなかったんだろう?」と思うくらい、ボクの場合FWにドンピシャのシャフトでした。ちょっと先が動いてボールを拾ってくれる感じでした。直打ちの4Wで、3球平均データ値224yは十分な手応えでした!!


スカイトラックの弾道データはこんな感じで

その各球データはこちら

【3球平均】

HS42.2m/s、初速58.6m/s、打ち出し角14.3度、バックスピン量3384.4rpm、サイドスピン-620.3rpm、飛距離224.0y

【ベスト】

HS42.3m/s、初速58.7m/s、打ち出し角15.1度、バックスピン量3142.8rpm、サイドスピン-609.1rpm、飛距離226.8y


打感は弾き系。ドライバーは独自素材フェースでチョーマイルド系でしたが、このFWは弾き系。音も中高音系。ドライバーとの差がちょっと気になるかな…


弾道はこんな感じで


そのスカイトラックデータはこちら


弾道的に高弾道。FWの直打ちが苦手なボクでも、動画の上がり方です!! これまで4Wを打ったことがないのですが、スピン量は、3Wのイメージからするとちょっと多めなイメージだったりもします。でもまあ、吹け上がりの感じはないのでよしとしましょう!!


出球傾向は、ボクのスイングでドロー系。おそらくスイングの影響が大きいと思いますが、ちょっと左に打ち出すミスもありました。これまではプッシュアウト系だったのでちょっと違和感もありますが、まあ、そのうち慣れるでしょう。


シャフトフィーリングと振り感ですが、前述通りです。「なんで今まで打たなかったんだろう?」と後悔するほどでした。


今回、秋元フィッターの提案で、ドライバー→4W(17度)→#3HB(19度)のセッティングとなりましたが、これまでは3Wは主にティーショットで使用してきました。ロングホールでセカンドの距離稼ぎは基本的にはせず、100y残しマネージメントを意識しているので、セカンドの稼働率としてはロマロUT(21度)の方が高いです。これを秋元フィッターに話しての結果ですが、まあ、ぶっちゃけこれまでも「3Wって本当に必要かな?」とも思っていたので、今回がいい機会になりました。

<PXG「0311 Black Ops」FW>

■KAZ'sインプレッション(10点満点)

▽飛距離:9上がりやすさ:10▽操作性:8▽構えやすさ:9▽打感の柔らかさ:7▽ミスの許容度:10

■ロフトバリエーション:3W=15度、4W=17度、5W=18度、7W=21度