ジュニアGPファイナルが今日7日、中国・北京で開幕する。午後にショートプログラム(SP)を控えるジュニア男女の日本勢4人は、午前に会場の国家体育館で最終調整に臨んだ。

ジュニア男子で初出場となる中田璃士(15=TOKIOインカラミ)はSPの曲かけ練習に臨み、フリップ-トーループの連続3回転ジャンプなどを降りた。「自分を信じてやるだけ。やることはやってきた」と自信を胸に挑む。

日本勢初の連覇を狙う島田麻央(15=木下アカデミー)もSPの曲かけ練習に臨み、ダブルアクセル(2回転半)、フリップ-トーループの連続3回転ジャンプ、3回転ルッツを着氷。前日6日には「今回は『連覇』が頭に今もよぎってしまうんですけど、それを1回忘れて『自分の納得いく演技をする』と思えたら良い演技ができると思う」と見据えていた。

2年連続出場の中井亜美(15=TOKIOインカラミ)も2回転半などを含めた全3本のジャンプを着氷。11月の全日本ジュニアでは腰痛の影響で10位となったが、6日の練習後には「痛みも引いてきた。全力で滑れたら」と状態を明かしていた。

初出場となる上薗恋奈(13=LYS)も3本のジャンプを降りた。「このリンクで自分の魅力を最大限に発揮することが目標」と語っていた通り、演技後半の振り付けなどの確認にも時間を割いた。

ジュニア男子SPは午後4時45分、ジュニア女子SPは同5時50分開始予定となっている(ともに日本時間)。

◆ジュニア男女の滑走時間(全て日本時間)

【ジュニア男子】

中田璃士 午後5時23分(6番滑走)

【ジュニア女子】

上薗恋奈 午後6時9分(3番滑走)

中井亜美 午後6時16分(4番滑走)

島田麻央 午後6時28分(6番滑走)