バレーボールVリーグ女子1部のファイナルステージ(FS)が、24日に東京・片柳アリーナで開幕する。レギュラーラウンド(RR)上位6チームによるトーナメント戦で、RR3位の久光スプリングスは2年ぶりの王座奪還を目指す。カギを握るのが3年目のセッター万代真奈美(25=筑波大)と高卒ルーキー北窓絢音(19=誠英)。RRでは主に途中出場ながら、それぞれが求められる役割を果たし、勝利に貢献してきた。島根・松江市出身の“姉妹”コンビが、飛躍のシーズンを振り返りFSに向けて意気込みを語った。【取材=勝部晃多】

■2季ぶりの王座奪還へ

-24日からいよいよファイナルステージが始まります。どのような活躍を見せたいですか

万代 結果を求めすぎてちっちゃくならないように、「このチームで勝ちたい」「このチームで1点を取りたい」、そのために自分がどうするのかっていうマインドをしっかり持って臨みたいですね。いい時にはもっと勢いづけ、苦しい時にはしっかり後ろで拾って、つないで、どんな1点でもいいからチームが沸くような、最後まで諦めないプレーで頑張りたいです。

北窓 初めてのファイナル。負けたら終わり。コートに立つってなったら、多分これまで以上に緊張しちゃうと思うんですけど、やっぱりそこでミスして自分に負けちゃうのは嫌だし、悔しいので。コートの外でもベンチでもしっかり応援とかで盛り上げていきたいし、もし入ったら若さで、パワーで貢献できるように頑張ります。

-レギュラーラウンドは途中出場がメインでしたが、交代でコートに立つのはスタメンと比べても重圧を感じますか

北窓 途中っていうのは緊張しますね。

万代 バレーってリズムのスポーツで、やりながら自分のリズムが作れたり、気持ちの部分ができていく。最初からスタートの人も難しいところはあるんですけど、やっぱり途中出場だと、決められたローテの回数でうまくいったらいい方だし、そこでミスして連続失点とかになったらチームの波をある意味崩しちゃうっていうリスクもあるので、緊張します。普通に吐きそう。胃が痛いぐらい。

-どうやって緊張しないようにしていますか

北窓 ルーティーンを大事にしています。リリーフサーバーで入るって決まっていたら、最近はずっと肩のトレーニングをトレーナーさんと一緒にやって入るようにしてます。試合中に応援できないけど、トレーニングみたいに肩を温めて出番に備えています。

-2年ぶりの王座奪還を目指します。JTやNECら強豪が待ち構えています

万代 やっぱり相手がどこであっても、やることは同じ。このチームだからギアを上げていくとか、チームでそういう話は全然なくて、むしろ自分たちがやってきたこと、強みをどんどん出していこうと言っています。そのために1人1人がやることをやる。チームで勝ちに行くっていうところを大事にしてますね。

-強みはどんなところですか

万代 サーブで攻めて相手を崩して、ブロックとディフェンスでブレークをどんどん取っていくこと。セッターとしては、得点の取り方をもっともっと詰めていきたいなと思います。

-北窓選手は1年目ですが、意識する相手はいますか

北窓 やっぱり同級生は意識しますね。東レの谷島(里咲)とか、最近めっちゃ出てるから。日立の徳本(歩未香)とかも。悔しい、負けてられないって感じですね。意外と負けず嫌いかもしれない。

-どのようなポイントで負けたくないですか

北窓 谷島とかJTの成瀬(ももか)とか、この前VOM(ゲームMVP)をもらっていたんですよ。なんかそれを聞いただけでも悔しいし、同級生の中ではやっぱり一番点を取りたいですよね。

-改めて今後の意気込みを教えてください

万代 チームで女王奪還っていう目標があるので、自分のできること、自分のやるべきことを一生懸命やる。プレーでも声がけでも、やりきるっていうところを目標に頑張っていきたいと思います。

北窓 優勝したいのはもちろんですし、自分がコートに入った時は貢献できるようなプレーをしたいです。やっぱり1年目でまだわからないこともいっぱいあるので、先輩のプレーとかを見て勉強して、自分の成長につなげていきたいなって思います。

-最後に、夢を教えてください

北窓 いっぱいある。

万代 全部言ってよ! 夢は1個とか決まってないからさ。

北窓 まずファイナルで(メンバーに)入れたら頑張るのと、Vカップに出られたら頑張る。あとは、去年(西村)弥菜美さんたちが代表へ行くのを見て、自分も代表でできるように頑張りたいなって思いました!

万代 頑張ろう!

(おわり)

◆万代真奈美(まんだい・まなみ)1998年(平10)5月17日、島根県松江市生まれ。小3で競技を開始。岡山・就実中から就実高に進み、3時には春高バレー準優勝。筑波大では1年時の全日本インカレで準優勝、2、3年時にV。3年連続でセッター賞を受賞し、4年時にはユニバーシアード代表主将を務めた。21年に久光に入団。身長168センチのセッター。

◆北窓絢音(きたまど・あやね)2004年(平16)7月6日、島根県松江市生まれ。姉の影響により小1で競技を開始。山口・誠英高3年時の春高バレーでは準優勝に貢献。23年に久光に入団し、同4月のアジアクラブ選手権でデビュー。7月のVサマーリーグ西部大会では主力として活躍し、フレッシュスター賞を受賞した。身長183センチのアウトサイドヒッター。