シャンソン化粧品が、連勝を「10」に伸ばした。敵地で7位日立ハイテクと対し、81-67と快勝。今季16勝目(敗戦3)となった。この日のリーグ戦はこの1試合だけのため、順位は4位と変わらず。序盤こそボールが思うように回らず苦戦したが、主導権を握った後半で相手を突き放した。

第1クオーター(Q)で相手守備に阻まれ、シーソーゲームとなった。19-20で迎えた第2Qでは残り5分強までに25-32。しかし直後に、今季姫路から加入したSG白崎みなみ(27)が3点シュートを沈めてチームに勢いを与えた。ここからPG山本美空(24)が4得点、190センチCトラオレ・セトゥ(21)も5得点。終盤で逆転に成功し、39-37で後半に向かった。

ペースを取り戻したチームは歯車がかみ合い、攻勢を強めた。第3Q残り5分を切って躍動したのは白崎だ。相手のファウルを誘い、自投5本をすべて沈め、3点ゴールを含めこのQだけで14得点。結果的に両チーム最多21得点、5リバウンド、4アシスト、2スチールと大暴れ。チームは攻守で手を緩めず、最終Qでリードを守り切った。

きょう24日、同所で2連戦目に挑む。連勝の山をさらに築き上げ、すでに進出を決めているプレーオフトーナメントの好枠奪取につなげたい。