フィギュアスケートの世界ジュニア選手権最終日は2日、台北で行われ、男子でショートプログラム(SP)5位の中田璃士(15=TOKIOインカラミ)がフリーはトップの151・71点、自己ベストの合計229・31点で2位に入った。

冒頭の4回転トーループが乱れたが、以降のジャンプで加点を引き出し、「4回転を失敗したのは、すごく悔しい。他はまとめられた」と話した。中村俊介(木下アカデミー)が215・46点で4位、垣内珀琉(ひょうご西宮FSC)は192・82点で17位、徐〓(王ヘンに文)圭が合計230・75点で韓国勢初制覇。アイスダンスの岸本彩良(愛知・中京大中京高)田村篤彦(西武東伏見FSC)組は合計140・87点で12位だった。