日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

元日本ハム監督・大沢啓二氏が死去 78歳

日記を書く

モルツ球団の大沢啓二総監督=2010年7月(撮影・狩俣裕三)
モルツ球団の大沢啓二総監督=2010年7月(撮影・狩俣裕三)

 日本ハムなどで監督を務めた大沢啓二(おおさわ・けいじ)氏が7日午前7時25分、胆のうがんのため東京都内の病院で死去した。78歳。神奈川県出身。葬儀・告別式は未定。

 神奈川商工高-立大から1956年に南海(現ソフトバンク)に入団。59年には故杉浦忠投手や野村克也捕手らとともに日本一に輝いた。東京(現ロッテ)に移籍した65年に現役引退。東京でコーチ、2軍監督を経て71年途中に監督に就任した。

 76年からは日本ハムの指揮を執り、江夏豊投手らをトレードで獲得するなどチーム改革に取り組み、81年にはリーグ優勝を果たした。面倒見がよく“親分”の愛称で選手から慕われた。

 84年にフロント入りしたが、シーズン途中で監督に復帰。85年からフロントに戻り、球団常務を務めた後、93年から2年間指揮を執った。日本プロ野球OBクラブの理事長もこなしたほか、日曜日朝のテレビ番組では「ご意見番」としてプレーぶりなどに“喝”を入れ、人気を集めた。最近は体調を崩し、9月19日が最後の出演だった。司会の関口宏さんが、今季の優勝争いについて「中日とソフトバンクが有利と言っていた通りになったことに『あっぱれ』をいただきたい」とのコメントを代読していた。タレントの大沢あかねさんは孫。

 プロ10年間の通算成績は988試合に出場し、打率2割4分1厘、17本塁打、191打点。監督としては725勝723敗99分けだった。

 [2010年10月7日12時45分]


関連ニュース




キーワード:

大沢啓二

このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます

  1. 1  「大沢親分」は流行語大賞金賞/略歴 - 野球ニュース
  2. 2  楽天8日にも星野氏に監督就任を要請へ - 野球ニュース
  3. 3  完全男ハラデーが「準完全」/プレーオフ - MLBプレーオフ2010ニュース
  4. 4  ナイジェリア資格停止アフリカ選手権不可 - 海外サッカーニュース
  5. 5  韓流スターと日本プロ野球OBが激突 - 芸能ニュース





日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです