日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの野球ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

高橋建引退…41歳広島復帰も成績残せず

日記を書く

 広島高橋建投手(41)が今季限りで現役を引退することが7日、明らかになった。米大リーグ・メッツから古巣復帰した今季は開幕から1軍でプレーしたが、救援で好成績を残せず、6月21日に出場選手登録を抹消されてから2軍暮らしが続いていた。心身両面で完全な状態に戻らず、決断を下した。すでに球団にも申し入れている。来季の戦力構想から外れていることもあり、日米通算16年の選手生活に別れを告げることになった。

 カープの一時代を築いてきたベテラン左腕がユニホームを脱ぐ。メジャー挑戦したメッツから古巣に復帰した高橋は今季、リリーフの一角として期待された。開幕1軍メンバーに入ると、3月28日の中日戦(ナゴヤドーム)から10試合(9回2/3)連続で無失点を記録するなど順調に発進した。

 シーズン序盤はサヨナラ勝利で4勝をマークし、メジャー仕込みの投球術で話題を集めた。しかし、5月に入ると好不調の波が激しく、6月21日に2軍落ちした。41歳でプレーした今季はここまで25試合に登板して4勝5敗、防御率9・40。ウエスタン・リーグでも、7試合登板で防御率12・15と打ち込まれていた。

 2軍暮らしが長く続き、「何とか気持ちを奮い立たせようとしている。心だけじゃなく、技術的な部分もね」と前向きに話していた。精神面だけでなく、投球でも必死に試行錯誤を重ねたが、状態は上向かなかった。球団関係者も「年齢的なこともあるし(来年は)難しいんじゃないか」と説明し、体力面の厳しさも背景にあり、来季の戦力構想から外れていた。すでに球団と話し合いを行っており、16年の現役生活にピリオドを打つ。

 それでも、輝きは色あせない。広島では01年にシーズン自己最多の10勝を挙げるなど、キレのある速球と豊富なスタミナを武器に、主に先発として活躍。ダイナミックな投球フォームはファンを魅了した。温厚な人柄で後輩選手に「建さん」の愛称で慕われるなど、ナインの精神的支柱でもあった。昨季はFA宣言して大リーグに挑戦。日本人最年長となる40歳でメジャーデビューを果たし、28試合に登板して0勝1敗ながら注目を集めた。今後は未定。「全力投球」の野球人生に幕を下ろす。

 [2010年9月8日7時55分 紙面から]


関連ニュース





このニュースには全0件の日記があります。






この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 野球
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです