速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > 釣りTOP > 釣りニュース
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
釣りTOP
釣果情報
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
レジャータイトル
 

東京湾シロギス「落ち」気配!

<Go Fishing:今が釣り時>

 東京湾のシロギスが「落ち」の気配を濃くしながら釣況が上向いた。潮温が下がると魚は深場へ移動して越冬準備に入り、この行動を「落ち」と呼ぶ。群れで固まる傾向も強まり、うまくポイントに当たれば数釣りの期待も大。それを立証するようにここへきて、80〜90匹台の大釣りも記録しておりチャンス到来だ。

 深場に移る「落ちギス」は群れで固まる傾向を強める。越冬準備に入るため活性は鈍るが、それでも体力を維持するために一時的にエサを活発に追うことがある。そういった群れにうまく当たった時に数釣りの期待が高まるのもこの時季の特色。釣況も日を追って良くなっている。

 横浜・山下橋「広島屋」では12月2日にトップが55匹を釣り上げ、翌3日はアップして68匹。そして9日は77匹をマーク。10日こそ57匹にダウンしたものの、翌11日は91匹を記録し、束釣り(100匹台)も可能な勢いをみせている。

 「広島屋」の石井晃船長(45)によると、今年は潮温が高めで推移したため、深場に移動するのが遅れたもが、ここにきて少しずつ「落ち」の気配が濃くなっているという。東京湾では今、釣り場の中心は中ノ瀬。水深は23メートル前後から、「落ち」の兆候を示すように30メートルラインでも釣れだした。

 落ちギスの特徴を表しているのがサイズだ。まだ13〜15センチの小型が交じるが、平均して20センチ前後の良型がそろっている。加えて時折、25センチ以上の俗に「ひじたたき」と呼ばれる大型も掛かって内容はいい。

 ほかの地区では土・日曜日&祝日限定の午前便で出漁している川崎「つり幸」で、4日に61匹の好釣果をゲットしている。リレー釣りで狙う横浜・根岸「つり孝(こう)」でもトップは45匹を収めた日がある。どちらも短い時間でということを考えれば、上々の成績といえるだろう。

 落ちギス釣りは来年の2〜3月にかけてシーズンのピークを迎える。それを前にして好釣果ラッシュに沸いているのは好材料だ。石井船長も「まだ日によってバラつきはあるが、反応などからみても魚は濃いようだ。今後は潮が効くなど条件に恵まれれば数釣りの確率は一層高まる」と話している。潮況によっては爆発的な釣果もみられそうだ。

<東京湾のシロギス・メモ>

 ▼川崎「つり幸」 シロギスの乗合は土・日曜日&祝日限定の午前便で出漁。出船は午前7時15分で正午までの半日釣り。付けエサ&氷付き5500円(税込み)。木曜日定休で今月に限って29日は営業。年末年始は元日だけ休業。(電話)044・266・3189。ホームページhttp://www1.odn.ne.jp/turikou/

 ▼横浜・山下橋「広島屋」 シロギスの乗合はマコガレイとのリレー釣りもあり。午前8時出船で付けエサ付き7500円(税込み)。氷は別。木曜日定休で今月29日は営業。年末は30日まで、新年は2日から営業開始。(電話)045・622・8615。

 ▼同・根岸「つり孝」 シロギスの乗合はアジ&サバとのリレー釣りで出漁。午前8時出船で付けエサ&コマセと氷付き7500円(税込み)。木曜日定休で今月29日は営業。年末は30日まで、新年は2日から営業。(電話)045・751・3671。

 ※いずれも日刊スポーツ新聞社指定。

[2005/12/16/08:10 紙面から]



 最新ニュース 記事バックナンバー 


前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ